三宮神社 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三宮神社
三宮神社 拝殿
拝殿
所在地 兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目4-4
位置 北緯34度41分22.7秒
東経135度11分28.0秒
座標: 北緯34度41分22.7秒 東経135度11分28.0秒
主祭神 湍津姫命
社格 旧村社
創建 不明
本殿の様式 一間社流造銅板葺
札所等 生田裔神八社
例祭 5月12日
テンプレートを表示

三宮神社(さんのみやじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区三宮町に鎮座する神社。生田神社の八柱の裔神を祀った一宮から八宮までの神社(生田裔神八社)の中の三柱目に当たり、祭神としては湍津姫命(たきつひめのみこと)を祀っている。

当社は、周辺の「三宮」という地名の由来にもなっている。

概要[編集]

航海の安全と商工業の繁栄を守る神として、古くから一般の崇敬厚い神社。古い記録がなく、いつ創設されたかなどについては未詳。祭神は水の神である湍津姫命(たきつひめのみこと)。境内に「河原霊社」や「史蹟 神戸事件発生地碑」と当時の大砲が置かれている。

慶応4年(明治元年、1868年)には、三宮神社前において、岡山藩(備前藩)兵と外国兵の衝突が発生した。明治政府初の外交事件となったこれを、神戸事件あるいは、備前事件と呼ぶ。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]