三宅精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやけ せいいち
三宅 精一
Seiichi Miyake.png
生誕 (1926-02-05) 1926年2月5日
日本の旗 日本岡山県倉敷市
死没 (1982-07-10) 1982年7月10日(56歳没)[1][2]
岡山大学病院
職業 経営者社会事業家
著名な実績 点字ブロック考案

三宅 精一(みやけ せいいち、1926年2月5日 - 1982年7月10日[1][2])は、日本社会事業家発明家である。点字ブロックを考案し、財団法人安全交通試験研究センター初代理事長を務めた。

概要[編集]

旅館業の傍らで自動車ナンバープレート融雪装置[3]などを開発していたが、白杖を使用する視覚障害者が車道横断時に危うい様子を目撃し、1963年頃から「視覚障害者の安全歩行」を開発課題とする。

飼育するセント・バーナードの出産を機に日本ライトハウス理事長の岩橋英行と親交[4]する。岩橋は日本ライトハウス創始者で中途視覚障害者である岩橋武夫の子息にあたり、網膜色素変性症により弱視[5][出典無効]を患い1969年頃に失明して1984年に死去[6]した。

1965年に視覚障害者誘導用ブロック[3][注 1]を考案し、自宅に安全交通試験研究センターを設けて点字ブロックの普及に専念する。

1967年3月18日岡山県立岡山盲学校近傍の国道2号[注 2]横断歩道へ点字ブロック230枚を私費で敷設する。

1974年建設省道路局から「道路における盲人誘導システム」の研究協力を依頼され、10月1日に安全交通試験研究センターを財団法人とする。

1982年7月10日[1][2]慢性肝炎[3]で死去する。

評価[編集]

2010年に、3月18日が点字ブロックの日[7][注 3]となる。

2019年3月18日に、Google Doodle[8]に収載される。

関連書籍[編集]

  • 岩橋英行『白浪に向いて 三宅精一を語る』安全交通試験研究センター、1983年7月。全国書誌番号:84026192NCID BN01624583ASIN B000J78BKK

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 三宅は点字ブロックと命名した。
  2. ^ 現在は国道250号になっている。
  3. ^ 申請者は岡山県視覚障害者協会で、認定者は日本記念日協会

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本人物レファレンス事典 医学・医療・福祉篇』日外アソシエーツ、2019年3月16日。全国書誌番号:23201780ISBN 9784816927683OCLC 1090072194ASIN 4816927689
  2. ^ a b c “亡くなった人”. 読売新聞 (岡山版: 読売新聞社): p. 16. (1982年7月13日) 
  3. ^ a b c “点字ブロック敷設50年の軌跡 世界広がる命の道しるべ 150カ国以上利用”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年5月24日). https://mainichi.jp/articles/20170524/ddf/012/040/010000c 2019年3月18日閲覧。 
  4. ^ 日本ライトハウス80年の軌跡”. 日本ライトハウス. 2019年3月18日閲覧。
  5. ^ zenmz (2006年9月27日). “苦難続きの半世紀…点字ブロック秘話”. 吉備野庵. excite. 2019年3月18日閲覧。
  6. ^ 20世紀日本人名事典『岩橋 英行』 - コトバンク
  7. ^ 点字ブロック豆知識”. 社会福祉法人 岡山県視覚障害者協会. 2019年3月18日閲覧。
  8. ^ 三宅精一を称えて”. Google Doodle. Google (2019年3月18日). 2019年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]