三子教訓状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
毛利元就が教訓状を書いた勝栄寺

三子教訓状(さんしきょうくんじょう)は、中国地方戦国大名毛利元就1557年弘治3年)に3人の子(毛利隆元吉川元春小早川隆景)に書いた文書。これを含む「毛利家文書」は重要文化財に指定されており、毛利家文書405号・毛利元就自筆書状として山口県防府市毛利博物館に収蔵されている。

概要[編集]

1557年(弘治3年)11月25日に周防富田(現・山口県周南市)の勝栄寺で書いた元就の自筆書状。60歳を越えていた元就が、3人の息子たちに(他の子どもたちを含めて)一致協力して毛利宗家を末永く盛り立てていくように後述の14条に渡って諭している。

1546年天文15年)に元就は隠居を表明して、長男の隆元が家督相続をしていたが、これは形式的なものであり、実質的な毛利家当主は引き続き元就が務めていた。そして、防長経略周防国長門国を勝ち得た1557年には毛利家の実権を隆元に譲ろうとしたものの、隆元が「防長まで拡大した領国を治めるには、父の後見が必要」として元就の隠居に強く反対して翻意を促し続けた。やがて、同年11月初旬に周防で大内残党が挙兵したため、隠居を思いとどまった元就は、隆元を後見して親子で防長に出陣。元就らが周防に到着した頃には、大内残党の蜂起は既に内藤隆春らの働きでほぼ鎮圧されていたものの、大内氏残党のみならず尼子氏大友氏との戦いが続くであろう毛利家の今後を案じた元就は、陣中で教訓状をまとめた。

この教訓状は、文字通り3人の息子たち宛てに書かれたものではあるが、「兄弟が結束して毛利家の維持に努めていくことの必要性を説き、元就の政治構想を息子たちに伝えた意見書であり、単なる教訓とは異なる[1]」「毛利家の公式文書としての色合いが強い[2]」とされる。そのため、教訓状の続きとなる短い書状(毛利家文書406号)が隆元宛てに書かれている。この書状では、「当家のことをよかれ思うものは、他国はもとより、当国にもいない」「毛利家中にも(中略)当家をよく思わない者もいる」「兄弟の仲が悪くなれば(毛利家は)滅亡すると思うように」などと書かれている。

このような教訓状を、わざわざ子どもたちに書き与えた背景としては、次のような理由が考えられている。

  • 元就との書状の中で隆元が弟たちについて不満を漏らしたり、宍戸家に嫁いだ元就の長女(五龍局)と元春の仲も不安があったことから、兄弟仲が最初から良好だったわけではない[3]
  • 元春と隆景がそれぞれ養子先の吉川家小早川家の興隆に注力することで本家たる毛利家が危うくなる可能性を憂いていた[4]
  • 先に自らが攻め滅ぼした大内氏の衰退が、大内家とその家臣団の内訌によるところが大きいことを身近に見て教訓とした[5]
  • かつて謀反を起こそうとしていた異母弟の相合元綱を粛清したことにより、兄弟の団結の重要性を痛感していた[6]

1563年永禄6年)には元就に先んじて隆元が、1571年元亀2年)には元就が没するが、教訓状で説かれた兄弟・一族結束の教えは毛利家に受け継がれ、元春と隆景が隆元の子である毛利家当主・輝元を最後まで支え続ける毛利両川体制は、毛利家の屋台骨となった。毛利氏が戦国時代から幕末に至るまでその家名を保ち続けることができたのは、教訓状の教えを守り続けてきた努力の結果とされる[1]

三矢の教え[編集]

安芸高田少年自然の家にある三矢の訓碑

三子教訓状が基になって造られたとされる三矢の教え[7](さんしのおしえ)と呼ばれる逸話が知られている(戦前小学校教科書などに「毛利元就の三本の矢の教え」として掲載されていた[2][4])。この逸話のエピソードは、概ね次の通りである。

晩年の元就が病床に伏していたある日、隆元・元春・隆景の3人が枕許に呼び出された。元就は、まず1本の矢を取って折って見せるが、続いて矢を3本を束ねて折ろうとするが、これは折る事ができなかった。そして元就は、「1本の矢では簡単に折れるが、3本纏めると容易に折れないので、3人共々がよく結束して毛利家を守って欲しい」と告げた。息子たちは、必ずこの教えに従う事を誓った[4]

このように、三子教訓状と似通っている訓戒ではあるが、教訓状には「三本の矢」については記述がない。そもそも史実では、元就が死の間際に3人の息子に教訓を残すことは不可能な状況であった(隆元は元就より8年も早く亡くなり、元春は山中幸盛らの率いる尼子再興軍との戦い出雲国で在陣中であり、元就の死を見届けたのは隆景と輝元のみ)。

この逸話に関する古い文献としては、江戸時代に編纂された「前橋旧蔵聞書」があり、死に際の元就が大勢の子どもたちを呼び集めて「1本の矢では簡単に折れるが、多数の矢を束ねると容易に折れないので、皆がよく心を一つにすれば毛利家が破られることはない」と教えたとされる[2]。この話では、史実と合致して隆元や元春がその場に登場しないことから、このエピソードが三矢の教えの逸話へと変化して伝えられた可能性がある。

なお、三本の矢の逸話については世界中に類似した話があり、中国の「西秦録」(十六国春秋)に登場する吐谷渾阿豺(とよくこんあさい)の故事[2]や、モンゴル帝国を築いたチンギス・カンが幼い頃に兄弟争いをした際に母から与えられた教訓などがアジアでは早くから知られていた。また、イソップ寓話にも「3本の棒」という類似の話があり、アフリカ東部のソマリアにも類似の話がある[8]。三矢の教えについては、元就が吐谷渾阿豺の故事を引用したとも、偶然同じ教えを残したとも言われている[2]

内容(現代語訳)[編集]

毛利元就肖像画
毛利元就肖像画
毛利隆元肖像画
毛利隆元肖像画
吉川元春肖像画
吉川元春肖像画
小早川隆景肖像画
小早川隆景肖像画
第一条
  • 何度も繰り返して申すことだが、毛利の苗字を末代まで廃れぬように心がけよ。
第二条
  • 元春と隆景はそれぞれ他家(吉川家小早川家)を継いでいるが、毛利の二字を疎かにしてはならぬし、毛利を忘れることがあっては、全くもって正しからざることである。これは申すにも及ばぬことである。
第三条
  • 改めて述べるまでもないことだが、三人の間柄が少しでも分け隔てがあってはならぬ。そんなことがあれば三人とも滅亡すると思え。諸氏を破った毛利の子孫たる者は、特によその者たちに憎まれているのだから。たとえ、なんとか生きながらえることができたとしても、家名を失いながら、一人か二人が存続していられても、何の役に立つとも思われぬ。そうなったら、憂いは言葉には言い表せぬ程である。
第四条
  • 隆元は元春・隆景を力にして、すべてのことを指図せよ。また元春と隆景は、毛利さえ強力であればこそ、それぞれの家中を抑えていくことができる。今でこそ元春と隆景は、それぞれの家中を抑えていくことができると思っているであろうが、もしも、毛利が弱くなるようなことになれば、家中の者たちの心も変わるものだから、このことをよくわきまえていなければならぬ。
第五条
  • この間も申したとおり、隆元は、元春・隆景と意見が合わないことがあっても、長男なのだから親心をもって毎々、よく耐えなければならぬ。また元春・隆景は、隆元と意見が合わないことがあっても、彼は長男だからおまえたちが従うのがものの順序である。元春・隆景がそのまま毛利本家にいたならば、家臣の福原と上下になって、何としても、隆元の命令に従わなければならぬ筈である。ただ今、両人が他家を相続しているとしても内心には、その心持ちがあってもいいと思う。
第六条
  • この教えは、孫の代までも心にとめて守ってもらいたいものである。そうすれば、毛利・吉川・小早川の三家は何代でも続くと思う。しかし、そう願いはするけれども、末世のことまでは、何とも言えない。せめて三人の代だけは確かにこの心持ちがなくては、家名も利益も共になくしてしまうだろう。
第七条
  • 亡き母、妙玖に対するみんなの追善供養も、これに、過ぎたるものはないであろう。
第八条
  • 五龍城主の宍戸隆家に嫁いだ一女のことを自分は不憫に思っているので、三人共どうか私と同じ気持ちになって、その一代の間は三人と同じ待遇をしなければ、私の気持ちとして誠に不本意であり、そのときは三人を恨むであろう。
第九条
  • 今、虫けらのような分別のない子どもたちがいる。それは、七歳の元清、六歳の元秋、三歳の元倶などである。これらのうちで、将来、知能も完全に心も人並みに成人した者があるならば、憐憫を加えられ、いずれの遠い場所にでも領地を与えてやって欲しい。もし、愚鈍で無力であったら、いかように処置をとられても結構である。何の異存もない。しかしながら三人と五龍の仲が少しでも悪くなったならば、私に対する不幸この上もないことである。
第十条
  • 私は意外にも、合戦で多数の人命を失ったから、この因果は必ずあることと心ひそかに悲しく思っている。それ故、各々方も充分にこのことを考慮せられて謹慎せられることが肝要である。元就一生の間にこの因果が現れるならば三人には、さらに申す必要もないことである。
第十一条
  • 私、元就は二十歳のときに兄の興元に死に別れ、それ以来、今日まで四十余年の歳月が流れている。その間、大浪小浪に揉まれ毛利家も、よその家も多くの敵と戦い、さまざまな変化を遂げてきた。そんな中を、私一人がうまく切り抜けて今日あるを得たことは、言葉に尽し得ぬ程不思議なことである。我が身を振り返ってみて格別心がけのよろしきものにあらず、筋骨すぐれて強健なものにもあらず、知恵や才が人一倍あるでもなく、さればとて、正直一徹のお陰で神仏から、とりわけご加護をいただくほどの者でもなく、何とて、とくに優れてもいないのに、このように難局を切り抜け得られたのはいったい何の故であるのか、自分ながら、その了解にさえ苦しむところであり、言葉に言い表せないほど不思議なことである。それ故に、今は一日も早く引退して平穏な余生を送り、心静かに後生の願望をも、お祈りしたいと思っているけれども、今の世の有様では不可能であるのは、是非もないことである。
第十二条
  • 十一歳のとき、猿掛城のふもとの土居に過ごしていたが、その節、井上元兼の所へ一人の旅の僧がやってきて、念仏の秘事を説く講が開かれた。大方様も出席して伝授を受けられた。その時、私も同様に十一歳で伝授を受けたが、今なお、毎朝祈願を欠かさず続けている。それは、朝日を拝んで念仏を十遍ずつとなえることである。そうすれば、行く末はむろん、現世の幸せも祈願することになるとのことである。また、我々は、昔の事例にならって、現世の願望をお日様に対してお祈り申し上げるのである。もし、このようにすることが一身の守護ともなればと考えて、特に大切なことと思う故、三人も毎朝怠ることなくこれを実行して欲しいと思う。もっとも、お日様、お月様、いずれも同様であろうと思う。
第十三条
  • 私は、昔から不思議なほど厳島神社を大切にする気持ちがあって、長い間、信仰してきている。折敷畑の合戦の時も、既に始まった時に、厳島から使者石田六郎左衛門尉が御供米と戦勝祈祷の巻物を持参して来たので、さては神意のあることと思い、奮闘した結果、勝つことが出来た。その後、厳島に要害を築こうと思って船を渡していた時、意外にも敵の軍船が三艘来襲したので、交戦の結果、多数の者を討ち取って、その首を要害のふもとに並べて置いた。その時、私が思い当たったのは、さては、それが厳島での大勝利の前兆であろうということで、いざ私が渡ろうとする時にこのようなことがあったのだと信じ、なんと有難い厳島大明神のご加護であろうと、心中大いに安堵することができた。それ故、皆々も厳島神社を信仰することが肝心であって、私としてもこの上なく希望するところである。
第十四条
  • これまでしきりにいっておきたいと思っていたことを、この際ことごとく申し述べた。もはや、これ以上何もお話しすることはない。ついでとはいえ言いたいことを全部言ってしまって、本望この上もなく大慶の至りである。めでたいめでたい。

三矢の教えに由来するもの[編集]

画像外部リンク
サンフレッチェ広島エンブレム
en:file:SanfrecceHiroshima.png
陸上自衛隊第13旅団部隊章
名称やシンボルのモチーフにしているもの
ドラマ等の作品に教訓を採り入れているもの
  • ドラマ「古畑任三郎」:1999年1月3日に放送の「古畑任三郎 vs SMAP」のオープニングにて、古畑任三郎は「三本の矢」を挙げ、これからSMAPの強い絆に釘を刺して事件の真相を暴くことを示した。
  • コント「志村けんのだいじょうぶだぁ」:本教訓をもとにしたパロディ。年老いた家主が3人の息子にこの教えを説こうとするが、矢が3本(もしくはそれ以上)まとめても折れてしまう、或いは矢が1本でも折れず無理に折ろうとして骨折、あるいは屋敷の破壊というオチが待っており、いずれも最終的に「好きにしろ」と教えを放棄してしまうもの。また「ドリフ大爆笑」では加藤茶が原典と同じ元就に扮し、3人の息子の前で1本の矢を折ろうとするがついに折れず、代わりに屋敷が崩壊してそのがれきの中で「毛利家もこれで終わりじゃ…」と呟いて事切れるというオチのコントが存在した。
  • コミックス「北斗の拳」:サヴァの次期国王の座を争う三人兄弟の王子達の骨肉の争いに苦悩する年老いた国王を描いた作品が登場。主人公の協力により、三子教訓状による行く末と同様、円満な結末に収まる。
  • 映画「」:シェークスピア四大悲劇のひとつ「リア王」を原案とし、舞台設定を戦国時代の日本とした作品で、三子教訓状と類似したエピソードも採り入れている。しかし、本作では三男が力づくで三本の矢をへし折って父親を諫めており、その諫言通り兄弟は争うことになる。
  • アニメ「創聖のアクエリオン:第1話にて、アクエリオンは3人で操縦される性質から登場人物の一人である不動GENがこの教訓を元とした格言を口にする。しかしその内容は「たとえ三本の矢を束ねてもそれ以上の力を加えられれば折れてしまう」という否定的なもので、第18話にて「互いの生き様を認め合い、互いに違う方向を示してこそ真価を発揮する」との新解釈が成された。
  • ゲーム「ドリフトスピリッツ」:過去に開催されたイベント「2台の猛獣と3人の弟子」にて「三矢の教え」をかんざしに置き換えて例えている。なお、このイベントに登場した登場人物の名前は毛利元就と3人の息子が由来である。
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b 収蔵品/毛利元就自筆書状(三子教訓状) - 毛利博物館公式サイト
  2. ^ a b c d e 毛利元就「猛悪無道」と呼ばれた男 - プロローグ「三本の矢」の影
  3. ^ 歴史群像シリーズ特別編 毛利戦記 - 「毛利両川」役割分担の機微(文・利岡俊昭)
  4. ^ a b c 歴史群像シリーズ9 毛利元就 - 「三矢の教え」と元就の素顔(文・童門冬二
  5. ^ 歴史群像シリーズ9 毛利元就 - 元春と隆景の栄光と軋轢(文・古川薫
  6. ^ 毛利元就「猛悪無道」と呼ばれた男 - 第三章 "鷲の羽"を継いだ次男坊
  7. ^ 三矢の訓と表記する場合もあり(読みは同じ)。
  8. ^ Faa'iidada ay isku duubnaantu leedahay” (英語). 2015年11月16日閲覧。
  9. ^ 金斗昇 『池田勇人政権の対外政策と日韓交渉 内政外交における「政治経済一体路線」』 明石書店 p.118–120
  10. ^ アベノミクスの今昔 : 今を読む:政治 : Biz活 : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 家訓
  • 百万一心 - 毛利元就が吉田郡山城の工事に際して石碑に刻んだとされる言葉。「国人が皆で力を合わせれば、何事も成し得る」という意味。

外部リンク[編集]