三好重臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三好重臣

三好 重臣(みよし しげおみ、1840年11月14日天保11年10月21日)- 1900年明治33年)11月28日)は、長州藩士。日本陸軍軍人、最終階級は陸軍中将子爵。幼名は軍太郎。別名は会田春輔

経歴[編集]

長州藩士、三好五右衛門の五男として生まれた。1863年奇兵隊に入隊して参謀職を務めた。1867年、振武隊総監に就任。1868年戊辰戦争では越後方面に進出して武功を挙げている。

明治維新後は新政府のもとで、1871年陸軍大佐となり、東北鎮台司令長官、仙台鎮台司令長官、大坂鎮台司令長官を歴任。1877年西南戦争では、征討第2旅団司令長官として出陣したが、敵に敗れて負傷している。1880年、陸軍中将となり、東部監軍部長、熊本鎮台司令官、東京鎮台司令官、第1師団長、監軍などを歴任し、1894年予備役に編入された。さらに、枢密顧問官1897年まで勤めた。1884年7月7日に子爵に叙せられる。1900年、60歳で死去。

なお相続に関して重臣は、放蕩の激しかった長男三好太郎を廃嫡し、太郎の嗣子三好東一に子爵家を相続させている。

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  2. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  3. ^ 『官報』第1306号「叙任及辞令」1887年11月4日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
三好(重臣)家初代
1884年 - 1900年
次代:
三好東一