三好郁朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三好 郁朗(みよし いくお、1939年昭和14年)8月25日[1]- )は、日本フランス文学者京都大学名誉教授

朝鮮京城府生まれ。1962年京都大学仏文科卒。1964年フランス政府給費留学生としてパリ大学に学ぶ。1967年京都産業大学講師1970年大阪市立大学講師、のち助教授1981年京都大学教養部助教授、のち教授総合人間学部教授となり、1996年に学部長。1998年から1999年にかけて京都大学副学長を務め、2001年定年退官、名誉教授。同年京都嵯峨芸術大学学長。2013年退任。フランス政府教育功労章受章。2015年秋、瑞宝中綬章受勲。

翻訳[編集]

参考[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』