三好正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三好正則
みよし まさのり
生年月日 (1945-02-16) 1945年2月16日(73歳)
出生地 福井県
出身校 中央大学経済学部

当選回数 1回
在任期間 2006年12月15日 - 2010年12月14日
テンプレートを表示

三好 正則(みよし まさのり、1945年2月16日 - )は、日本政治家。前神奈川県大磯町長(1期)。

元大磯町職員、1971年同町に入庁、町長秘書、福祉部長を経て2005年役場を定年退職している。福井県出身。

来歴[編集]

主な政策[編集]

  • 2006年、大磯町にある伊藤博文の旧邸宅「滄浪閣」を保有していた西武ホールディングス傘下のプリンスホテルが経営再建のため、売却を決定した。当時、町長選に出馬していた三好は、滄浪閣の購入・保存を公約に掲げて当選し、二十数億円におよぶ取得費用の捻出方法などを捻出するか検討していたが[1]、町の提示した金額より同じく入札交渉をしていた建設会社の提示した金額が数十億円以上高かったとみられ、これ以上の価格上乗せ不可能と判断した三好は、滄浪閣の買い取りを断念した[2]
  • 2008年2月、町の事業の必要性を点検するため、町外の識者にいわゆる事業仕分けを依頼した。三好によると、職員が抵抗したとしても、行政には第三者の視点が必要である判断したという[3]
  • 2009年3月に大磯町にあった吉田茂の旧邸宅が焼失したのを受けて、家屋の再建や庭園の復元などの費用を用意するため、「大磯町旧吉田茂邸再建基金」を設立した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「伊藤博文の旧邸宅「滄浪閣」――神奈川・大磯町、購入意思を表明」日本経済新聞2006年12月23日付朝刊、26頁。
  2. ^ 「伊藤博文の旧邸宅、「滄浪閣」買い取り断念――大磯町、交渉不調に、今後も保存訴え」日本経済新聞2007年2月9日付朝刊(神奈川)、26頁。
  3. ^ 「財政窮乏の実相(4)破綻認定、抜かずの宝刀」(都市と地方)日本経済新聞2008年3月11日付朝刊、5頁。
  4. ^ 「3月焼失の旧吉田茂邸――神奈川・大磯町など、復元へ寄付募る」『日経MJ』2009年8月3日付、10頁。
先代:
三澤龍夫
Flag of Oiso Kanagawa.JPG 大磯町
第8代:2006年 -
次代:
中﨑久雄