三好康俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
三好 康俊
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 没年不詳
改名 元存→康俊
別名 徳太郎
官位 式部少輔
幕府 室町幕府
主君 三好氏長宗我部元親織田信長
氏族 義光流小笠原氏庶流三好氏
父母 三好康長 母:不詳
兄弟 康俊信吉 (義弟)
正室?:三好長房の娘
俊長

三好 康俊(みよし やすとし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将三好氏の一族。阿波岩倉城主。

略歴[編集]

三好康長嫡男として生まれる。

はじめ、父・康長と共に三好氏に仕え、後に岩倉城主となり、従兄弟の横田宗昭や、重臣塩田一閑ら側近の補佐を受けた。父が畿内へと移動した後は勝瑞城城主となる。

天正3年(1575年)、土佐国を統一した長宗我部氏が、四国制覇を目指して阿波国への侵攻を開始した。康俊はこれに対抗するが、天正7年(1579年)12月27日、三好氏重臣である三好越後守矢野国村川島惟忠らを脇城外で殺害、岩倉城西の城の一門の武将・大島丹波の嫡子・大島利忠を人質として差し出し降伏。一転して、織田方の同族・十河存保と戦った。

ところが、天正9年(1581年)3月、阿波国奪回を狙う父の勧めに従って織田信長に帰属した。当時、長宗我部氏と織田氏は交戦状態になく、人質となっていた嫡子の俊長は返されている。

天正10年(1582年)になって信長は長宗我部と断交。2月、神戸信孝を総大将とする四国遠征軍の先陣として父・康長が阿波に侵入すると、康俊も岩倉城でこれに呼応した。しかし6月、本能寺の変で織田信長が横死を遂げると、逆に長宗我部勢(香宗我部親泰)に攻められ、城を捨てて逃亡したとも、この時に討死したともいわれている。以後は消息不明

俊長は後に長宗我部氏の家臣となり、長宗我部氏改易後は新たな土佐国主となった山内一豊に仕えた。

参考資料[編集]

  • 『歴史群像シリーズ29 長宗我部元親』(1992年、学研) 共通雑誌コード 1069610311202
  • 今谷明『戦国 三好一族 天下に号令した戦国大名』(洋泉社新書MC、2007年) ISBN 978-4-86248-135-1
  • 谷口克広; 高木昭作(監修) 『織田信長家臣人名辞典』 吉川弘文館、1995年、426頁。ISBN 4642027432 

関連項目[編集]