三善清之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三善清之

三善 清之(みよし きよゆき、安政6年12月15日[1]1860年1月8日) - 昭和17年(1942年11月19日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、土木技術者

経歴[編集]

香川県丸亀市出身。1878年明治11年)、大阪府師範学校を卒業し、小学校訓導となった[2]。その後、陸軍士官学校に入学し、1884年(明治17年)に卒業[2]。工兵中尉として熊本鎮台工兵大隊副官を務めた[3]。免官後、藤田伝三郎大倉喜八郎が共同出資する日本土木会社(のち大倉組)社員となり、東京湾砲台建設、紀淡海峡砲台建設、東京湾の浚渫と月島埋め立てなどを手掛けた[3]1897年(明治30年)、内務省官吏となり、岡山県技師に任じられた[3]。岡山県土木課長として児島湾開墾・宇野港築港を担当した[2]。その後、丸亀市長に選出されたが、辞退して就任しなかった[2]

1907年(明治40年)、衆議院補欠選挙で当選[4]第14回衆議院議員総選挙第15回衆議院議員総選挙でも当選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第52回帝国議会衆議院議員名簿』、1926年。
  2. ^ a b c d e 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b c 『人事興信録』
  4. ^ 『官報』第7337号、明治40年12月11日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第7版』 人事興信所、1925年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年