三原淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みはら じゅん
三原 淳
生誕 (1967-04-16) 1967年4月16日(50歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 専修大学経営学部卒業
職業 株式会社mammaciao代表取締役
活動期間 2000年 -
公式サイト mammaciao公式サイト

三原 淳(みはら じゅん、1967年4月16日 - )は環境配慮型エコランドリー「mammaciao」のFC展開(コインランドリー投資)を始めたことで知られる。東京都出身、趣味はスキー。

2000年有限会社エムアイエスを設立、代表取締役に就任。のちに株式会社エムアイエスに組織変更。2016年には「株式会社mammaciao」に社名変更。コンセプトは「働くお母さんのためのコインランドリー」。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1967年4月16日東京都品川区で生まれる。5歳の頃からは神奈川県横浜市に移り、大学生になるまで横浜市で過ごす。小児喘息を患っており、小学校の頃はあまり学校へ行けなかったが小学5年生の頃には喘息も治り、活発になりクラスの代表委員等を引き受ける。中学の頃は体が大きかったがそれは生かさず小学校時代に縦笛が得意だったこともありブラスバンド部に入る。中学2年から3年の頃はヤンキーだったという。高校は進学校へ進み、スポーツがしたくなりバレー部に入部。バレー部は背が低いこともあり1年で退部。その後は帰宅部で、友達とバンドを組んだり、高校3年生の頃は浪人生と一緒になって朝から晩まで予備校に通っていた。現役で専修大学経営学部に合格。[1]

職歴[編集]

専修大学経営学部卒業後、ファイザー製薬に入社。

退社後は大手スーパー、OA機器販売会社、印刷会社の営業を経て、業務用洗濯機輸入商社に入社。

業務用洗濯機輸入商社を退社後、米国の大手洗濯機メーカーのデクスター社と日本における独占販売契約を結びエムアイエスを設立。

2000年 有限会社エムアイエスを設立、のちに株式会社エムアイエスに組織変更。

2010年 エコランドリーというブランドを立ち上げ商標を取得。

2016年 株式会社mammaciaoに社名変更。[2]

現在[編集]

2017年9月現在、首都圏を中心とし、全国に約400店舗を出店。

マンマチャオのコンセプトは「働くママのため、「環境のため」、「オーナーのため」

業界初となる「トラブル受付コールセンター」、「ネット遠隔操作返金システム」、「電子マネーランドリー」を開発。

コールセンターはコインランドリー同様24時間稼働している。

また、アトピーの人でも安心できる洗剤の開発や水に工夫を凝らしすすぎ時間を短縮するなど現在も進化している。

メディア[編集]

新聞[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

  • 「BigLife21」“3月号のこの経営者に注目!”にインタビュー掲載
  • 日経ビジネス」12月26日号にインタビュー記事掲載

著書[編集]

  • 『それでも1人の営業マンが企業を成功させた訳』 太陽出版2017年9月
  • 夏縁、三原淳、たなかしえ 『マンガで学ぶ はじめてのコインランドリー投資』 幻冬舎2017年5月
  • 『知っている人だけが儲かる コインランドリー投資のすすめ』 幻冬舎2016年6月
  • 『なぜ彼は、コインランドリー投資を選んだのか』 泰文堂2015年10月
  • 『はじめてのコインランドリー負けナシバイブル』 アルマット2013年5月

出典[編集]