三原さと志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三原 さと志
出生名 小山田晃
生誕 1935年7月3日
出身地 中華民国の旗 中華民国青島市
死没 (2006-09-30) 2006年9月30日(満71歳没)
ジャンル ハワイアン
ムード歌謡
職業 歌手
活動期間 1953年 - 2003年
共同作業者 和田弘とマヒナスターズ

三原 さと志(みはら さとし、本名: 小山田 晃(おやまだ あきら)、1935年7月3日 - 2006年9月30日)は、日本の歌手。歌謡コーラスグループ「和田弘とマヒナスターズ」のリードボーカル。元妻の伊都子は田辺靖雄の姉[1]。二人の長男にミュージシャン小山田圭吾。妹の夫に版画家の中林忠良[2]

プロフィール[編集]

中国青島生まれ。

1953年和田弘らがコーラスグループ「山口銀次とマヒナスターズ」(山口が引退後は1954年に「和田弘とマヒナスターズ」に改称)を結成し、1957年にデビューし、三原は1958年に参加[3]。リードボーカルを務め、女性歌手と歌った「愛して愛して愛しちゃったのよ」、「寒い朝」、「お座敷小唄」などをヒットさせた。1960年には松尾和子と歌った「誰よりも君を愛す」で、第2回日本レコード大賞を受賞した。

松平直樹らのメンバー離脱後も残留し、リードボーカルを務めた。1983年に一度脱退したが、3年後の1986年に復帰した[3]。2001年に和田弘との内紛が原因で再び脱退し、同じく脱退したメンバーらと2002年に「ザ・マヒナスターズ」結成[3]。2003年5月にマハロ☆エコーズ(和田以外のマヒナメンバーで結成、現在のマヒナスターズ)として発売したシングル「ブルースを囁いて」が最後の曲になった。2003年7月に脳梗塞で倒れた後は芸能活動を休止し、復帰を目指しリハビリに励んでいた。2006年9月30日午後6時頃、東京都世田谷区の病院に呼吸不全で死去した[4]。享年71。

和田弘の没後、往年のメンバーだった松平直樹・佐々木敢一らが中心となって「マヒナスターズ」としての活動を続けていたが、このような事情から、それに三原が参加することは叶わなかった。

なお、『ひらけ!ポンキッキ』で「まる・さんかく・しかく」「カンフーレディー」など、『みんなのうた』で「だるまさんがころんだ」を作曲している小山田 暁は別人(小島豊美によれば、1948年生まれで元広告代理店勤務の人物とのこと)[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『婦人倶楽部』1966年10月「特集:離婚調停はこうして行われる / 過去ある男性を夫に選んだ私の愛:田辺伊都子 」
  2. ^ コーネリアスこと小山田圭吾スペシャルインタビューGinza, マガジンハウス、2017年6月19日
  3. ^ a b c 異議の決定 異議2003-90236商標審決データペース
  4. ^ 「マヒナスターズ」三原さと志氏が死去 ZAKZAK 2006/10/02
  5. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、114-117頁。ISBN 978-4-907583-45-3

関連項目[編集]