三別抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三別抄
各種表記
ハングル 삼별초
漢字 三別抄
発音 サムビョルチョ
日本語読み: さんべつしょう
テンプレートを表示

三別抄(さんべつしょう、삼별초)は、高麗王朝の軍事組織。崔氏政権(武臣政権)において、林衍(イム・ヨン)ら時々の実権を握った者の私兵として、しばしば政敵の暗殺や現代でいう所のクーデターのための武力として用いられた。後に、高麗のモンゴル軍の襲撃に際しては事実上の国軍に発展したとも言われる。

別抄とは[編集]

「別抄」とは、別に組織された「抄」という意味である。「抄」とは没収することを意味し、反乱を起こした地域へ派遣され、当該反乱を鎮圧したのち、没収した財産を分け与えられる臨時の軍組織であった。すなわち初めは国内の反乱鎮圧などのための臨時編成される組織であったが、崔氏政権のもとで拡大されるとともに、続発する反乱により半ば常備軍化したことで、左別抄、右別抄の2部隊となり、のちにモンゴルの捕虜から脱出した人員による「神義軍」を加えて「三別抄」と呼称されるようになった。

三別抄の乱[編集]

朝鮮半島で936年に成立した高麗は中華諸王朝の冊封を受けていたが、北方のモンゴル遊牧民契丹などの強大化した諸民族が高麗へ侵攻するなど、辺境防備に悩まされていた。高麗は当初、侵攻に抵抗したが後に屈し、契丹や女真族の王朝に対して入朝を行う。高麗では科挙制度の導入など国家体制を確立させて対抗を図るが、文臣だけを優待したため、不満を持った武臣たちによる政変が発生した。これを武臣政変といい、以後の高麗は武臣政権が統治するようになる。そして1196年には、武臣の崔忠献(チェ・チュンホン)が同じ武臣である李義旼(イ・ウィミン)を殺害し、高麗の実権を握った。

崔忠献は自らの権力基盤を安定化させるために王権を弱体化させ、宿衛機関である都房(トバン)を組織して崔氏独裁体制を成立させる。次代の崔瑀(チェ・ウ)は、騎馬部隊である馬別抄と夜間の巡察警戒のための夜別抄を組織した。これらの組織が統合され三別抄になる。三別抄は崔氏政権を維持するための私兵組織であったが、崩壊していた高麗の軍事制度に変わって事実上の国軍と化していくことになった。

モンゴルの諸民族を統一して成立したモンゴル帝国1271年クビライによって国号を大元とした)は、1219年に高麗と同盟を結ぶが、モンゴルが高麗に貢納の要求などをしたことで両国の関係が悪化し、1231年に第一次高麗侵攻が開始された。高麗軍は各地で苦戦を強いられ、1232年には開城を放棄し、漢江河口の江華島への遷都を余儀なくされる。その後もモンゴルによる断続的な侵攻が行われて高麗は衰退の一途をたどる中、金俊(キム・ジュン)(ko)を主体に崔氏政権に対するクーデターが勃発、1258年に崔氏政権は滅亡する。この時、金俊に協力してクーデターの主力を担ったのは三別抄の朴希実らであった。

政権奪取後、金俊はモンゴルに降伏したが、崔氏に続く武臣政権の傀儡となった国王元宗林衍中国版)ら文臣と手を結び、金俊からの政権剥奪を画策、1268年に三別抄を取り込んで金俊を暗殺した。

しかし、林衍らは実権の掌握を企図して元宗と対立、1269年には国王元宗を廃して政権を掌握した。元宗およびその子・忠烈王の要請を請けたモンゴルは林衍討伐のため進軍し、林衍は三別抄を動員して抵抗するが、その最中に急死した。1270年5月に林衍の子の林惟茂(イム・ユム)(ko)らが国王側に雇われた三別抄によって暗殺され、ここに高麗王朝に実権を握り続けてきた武臣政権は崩壊した。

モンゴルの支援を受けた元宗は江華島から開城へ戻り、武臣政権の私兵集団として国内騒擾の元凶ともなってきた三別抄に対しては解散を命じた。これに対して、三別抄の裴仲孫(ペ・チュンソン)、夜別抄の盧永禧らは宗室の承化公・王温中国版)を推戴し、江華島を本拠に自立した。

6月、三別抄政権は西南の珍島に移り、抗戦の準備を進めるとともに、全羅南道慶尚南道に勢力を拡大していった。この間、1271年には日本の鎌倉幕府へ救援を求めたが、朝廷からも鎌倉幕府からも黙殺されている。しかし、2月にモンゴルから降服を求められた際には、「軍を引き上げてください。そうすれば服従いたします。蒙古の将軍忻都が願いを聞いてくれません。私たちに全羅道をくだされば、蒙古朝廷に直接したがいます。」[1] と返書をしたように、主要指導者である裴仲孫自身が、全羅道を領土としてモンゴルに隷属することを画策するなど、内部の権力闘争が表面化するようになり、自ら弱体化を招くことになった。

また、モンゴルからすれば高麗王朝に度々反乱を起こした忠誠の疑わしい三別抄による武臣政権よりも、忠誠の篤い高麗王朝自身による朝鮮の間接統治を望んだために、降服条件は折り合うこともなかった。この結果、1271年中に、珍島の三別抄は高麗の金方慶(キム・バンギョン)、洪茶丘(ホン・タグ)らモンゴルの連合軍に撃破され、残党が金通精(キム・トンジョン)に率いられて耽羅(済州島)に落ち延びて命脈を保つが、1273年には耽羅島も攻め落とされて三別抄の乱は完全に鎮圧、三別抄の歴史も閉じることになる。三別抄の壊滅と同時にモンゴルは耽羅総管府を設置、ここにモンゴルによる高麗の征服事業は完了した。

その後、高麗は元朝へ服属し、征東等処行中書省の統治下置かれた。新たに高麗国王となった忠烈王は日本招諭のための使節派遣や、1274年からの日本侵攻(元寇文永・弘安の役)に苦言を呈する蒙古諸将をさしおいて積極的にクビライに侵攻を進言するとともに軍船兵糧、将兵を提供した[2] [3] [4]

三別抄のその後について[編集]

20世紀後半に、沖縄県浦添市浦添ようどれで高麗瓦が発掘された。この瓦の文様は、三別抄が珍島に造営した龍蔵城跡から出土した瓦の文様と類似している。浦添ようどれの瓦には「癸酉年高麗瓦匠造」という刻印があるが、癸酉年は1153年、1273年、1333年、1393年などが該当する。これが1273年だとすれば、三別抄が済州島で滅ぼされた年と同一であるため、三別抄の生き残りの人々が沖縄に逃避してきたのではと推測する研究者もいる[5]

元寇への影響について[編集]

韓国では、この三別抄の反乱によって元の戦力が弱体化するとともに侵攻を遅らせ、結果的に日本は占領を免れることができたという言説が広く流布されている。しかしながら上述の通り三別抄の乱はわずか3年余りで半ば自滅する形で壊滅しており、またモンゴル軍に対して大規模な被害を与えたという記録も確認されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元史』世祖本紀 至元八年三月己卯(1271年4月26日)条「中書省臣言:『高麗叛臣裴仲孫乞諸軍退屯、然後内附;而忻都未従其請、今願得全羅道以居、直隸朝廷。』」
  2. ^ 「高麗史」に詳細に記述されている。 『高麗史』 巻27・世家27・元宗世家3 元宗十三年 三月己亥 条の中書省牒に載る世子 諶の言葉に、「吾父子相継朝覲、特蒙恩宥小邦人民(中略) 既諶連年入覲毎荷皇恩区区之忠益切致効。惟彼日本 未蒙聖化 故発詔。使継糴軍容、戦艦兵糧、方在所須。儻以此事委臣、勉尽心力、小助王師」
    高麗史』 巻29・世家29・忠烈王世家6 忠烈王六年八月辛卯〜乙未(1280年9月17日 - 21日) 条 「(辛卯:公主宴愛牙赤于新殿。)王至上都。時帝在闍干那兀。王遂如行在。乙未:謁帝。帝宴王仍命從臣赴宴。先是、王使朴義奏曰:『東征之事臣請入朝禀旨。』帝許之。」
  3. ^ 『高麗史』『高麗史』巻104・列伝17 金方慶伝「(元宗)十五年、帝欲征日本、詔方慶與茶丘、監造戰艦。造船若依蠻様、則工費多、将不及期、一国憂之。 方慶、爲東南道都督使、先到全羅、遣人咨受省檄、用本國船様督造。」
  4. ^ 『元史』 卷12・本紀12・世祖本紀9 至元十九年七月壬戌(1282年8月9日) 条 「高麗国王請、自造船百五十艘、助征日本」
  5. ^ 珍島からイルボンへ - 国士舘大学 文学部 考古・日本史学専攻 戸田研究室ブログ

関連項目[編集]