三重交通南紀営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三交南紀交通から転送)
移動: 案内検索
三重交通株式会社南紀営業所
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
519-4325
三重県熊野市有馬町3724-1
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 竹谷賢一
資本金 5000万円
従業員数 54名
主要株主 三重交通グループホールディングス
特記事項:2000年(平成12年)7月3日三交南紀交通として子会社化。2014年(平成26年)2月1日、三重交通に吸収合併。
テンプレートを表示

三重交通南紀営業所(みえこうつうなんきえいぎょうしょ)は、三重県熊野市にある三重交通の営業所。南紀観光営業所(なんきかんこうえいぎょうしょ)および、三交旅行熊野旅行センターを併設している。

三交伊勢志摩交通と共に、2000年(平成12年)7月3日三交南紀交通として一時は子会社化されていたが、2014年(平成26年)2月1日に三重交通に吸収合併され、従来の営業所に戻っている。

本項では、北牟婁郡紀北町にある海山事業所(みやまじぎょうしょ)の担当路線についても扱う。

現行路線[編集]

高速・特急路線[編集]

東京高速バス(南紀線)[編集]

  • 南紀営業所担当。

南紀特急バス[編集]

  • 津 - 熊野系統は南紀営業所担当。
  • 松阪 - 尾鷲系統は海山事業所、二往復を三重急行が担当。

名古屋南紀高速バス[編集]

特急
急行
  • 運行本数: 1日3往復
  • 停車停留所
    名古屋(名鉄バスセンター) ⇔ 紀北町紀伊長島紀伊長島IC前)- 三交海山 - 尾鷲市病院前 - 熊野市駅前(市役所前) - 三交南紀(山崎) - 阿田和駅前(国道42号沿) - 紀宝町(消防紀宝分署前) - 三交新宮駅前
     ※紀北町紀伊長島 - 三交新宮駅前間だけの利用はできない。
普通
  • 運行本数: 1日4往復
  • 停車停留所
    名古屋(名鉄バスセンター) ⇔ 滝原宮前 - 紀勢大内山インター前 - 紀北町紀伊長島(紀伊長島IC前)- 三交海山 - 尾鷲市病院前 - 熊野市駅前(市役所前) - 三交南紀(山崎)
     ※滝原宮前 - 三交南紀(山崎)間だけの利用はできない。
備考
  • 白川IC - 大宮大台IC 間は、名古屋高速道路 - 東名阪自動車道 - 伊勢自動車道 - 紀勢自動車道 経由
  • 停留所は国道42号沿いにある(名鉄BC、熊野市駅前、三交南紀、勝浦温泉を除く)。
  • 三交南紀と三交海山には高速バス利用者用の無料駐車場がある。
  • 安濃SA、三交海山、三交南紀で小休憩をとる。
  • 予約は不要だが、満席の場合は利用できない。
  • 往復乗車券に割引運賃が設定されている(滝原宮前、柏崎、大内山、梅ヶ谷発着の往復券は無し)。事前購入が必要で有効期間は10日間。
  • 南紀側はかつて勝浦温泉まで乗り入れていたが、2014年4月25日のダイヤ改正で廃止された。

一般路線[編集]

  • 熊野新宮線のみ南紀営業所担当、その他は海山事業所担当。

熊野新宮線[編集]

※元・国鉄バス紀南線

  • 13系統
    • 大又大久保 - 紀伊佐田 - 新町 - 熊野市駅前 - 有馬 - 神志山 - 阿田和駅前 - 鵜殿駅前 - 熊野大橋 - 新宮駅前
    • 新町 - 熊野市駅前 - 有馬 - 神志山 - 阿田和駅前 - 鵜殿駅前 - 熊野大橋 - 新宮駅前
      ※以前は熊野交通も鬼ヶ城 - 新町 - 熊野市駅前 - 有馬 - 神志山 - 阿田和駅前 - 鵜殿駅前 - 熊野大橋 - 新宮駅前のルートで3往復乗り入れていた。
      (現在では、撤退済み)

河合線[編集]

  • 41系統: 長島駅前 - 志子 - 赤羽支所前 - 十須 - 河合

尾鷲長島線[編集]

島勝線[編集]

  • 53系統: 瀬木山 - 尾鷲駅口 - 総合病院前 - 国道相賀 - 白浦 - 島勝

受託路線[編集]

尾鷲市コミュニティバス[編集]

  • ふれあいバス(尾鷲地区): 紀伊松本 - 瀬木山 - 尾鷲駅 - 尾鷲総合病院 - 光ヶ丘 - 尾鷲総合病院 - 尾鷲駅 - 瀬木山 - 紀伊松本
  • ふれあいバス八鬼山線: 瀬木山 - 尾鷲市病院前 - 九鬼駅前 - 早田 - 三木浦 - 三木里駅
  • ふれあいバスハラソ線: 瀬木山 - 尾鷲市病院前 - 三木里駅 - 古江 - 賀田駅 - 梶賀

廃止・撤退路線[編集]

  • 21系統:五郷線(熊野市駅前 - 紀伊佐田 - 桃崎・湯の谷)
  • 31系統:輪内線(三木浦 - 三木里駅前 - 古江学校前 - 賀田駅前 - 梶賀)
  • 32系統:九鬼線(九鬼町 - 九鬼駅前 - 早田)
    • 31・32系統は、尾鷲市コミュニティバスの「ふれあいバスハラソ線」が代替。
  • 41系統:磯崎金山線(磯崎港 - 大泊 - 新町 - 熊野市駅前 - 山崎 - 金山)
  • 43系統:遊木線(新鹿駅前 - 遊木)
    • 41・43系統は、熊野市自主運行バスの「潮風かほる熊野古道線」が代替。
  • 43系統:錦長島線(長島駅前 - 紀伊長島 - 鮒附 - 錦福羅公園)
    • 大紀町が無償バスを運行。
  • 51系統:神木線(新町 - 熊野市駅前 - 花の窟 - 神志山 - 神木)
  • 53系統:松本線(ジャスコ前 - 尾鷲駅口 - 瀬木山 - 紀伊松本)
    • 尾鷲市コミュニティバスの「ふれあいバス」が代替。
  • 61系統:上市木線(新町 - 熊野市駅前 - 花の窟 - 神志山 - 市木 - 新田)
  • 71系統:熊野尾川線(新町 - 熊野市駅前 - 瀬戸 - 尾川)
    • 熊野市自主運行バスの「清流・那智黒石の里線」が代替。
  • 72系統:磯崎瀬戸線(磯崎港 - 大泊 - 新町 - 熊野市駅前 - 大馬谷 - 瀬戸)
  • 74系統:新宮尾川線(新宮駅前 - 阿田和 - 尾呂志 - 紀和町役場前 - 尾川)
  • 81系統:相野谷線(新宮駅前 - 高岡 - 大里 - 平尾井 - 上桐原)

車両[編集]

高速車・高速南紀大宮線[編集]

特急車[編集]

名古屋南紀高速線

熊野~津 線:南紀営業所担当

  • いすゞ・スーパークルーザーが、3両在籍。
  • 1両は、桑名営業所から移籍したA特急車で、4列シート60名乗り。
  • 1両は、元夜行路線用のスーパーハイデッカー車、スペースウィング(4列シート36名乗り)だが、トイレは使用できない。
  • 1両は、元夜行路線用エアロクィーン、4列シート車。

尾鷲~松阪 線:海山事業所担当

車両の工場入り等により車両不足が生じた場合、営業所、事業所間で車両を融通する事があります。

一般路線車[編集]

  • 他の営業所と異なり、大型車は在籍していない。
  • 中型車はいすゞ(LTまたはLR)、小型車は日野、三菱が在籍する。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]