三井高泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三井 高泰(みつい たかやす、1875年明治8年)1月13日 - 1946年昭和21年)12月15日)は、日本実業家芝浦製作所(現東芝)会長や、三井物産社長を務めた。別名・守之助。三井永坂町家7代当主。

人物・経歴[編集]

東京出身。三井伊皿子家当主三井高生(1843-1914)の三男で、鳥居坂家(三井永坂町家)6代当主・三井高潔(三井篤次郎、三井物産社長)の養子。妻は住友家当主・住友友親の娘で住友友純養妹の楢光。三井高寛三井高信は兄。横浜商業学校卒業[1]。1899年三井物産船舶課(のちの三井船舶課長[2]。1904年芝浦製作所(現東芝)会長[3][4]。1909年三井銀行取締役[5]。1921年から三井物産社長を務めたが[6]池田成彬三井合名理事による改革で1934年に退任させられ、専門の役員と交代した[7]。1945年の東京大空襲では麻布永坂町の自宅が焼失した[8]。1946年死去[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代
初代
芝浦製作所会長(のちの社長)
1904年 - 1920年
次代
岩原謙三
先代
三井高明
三井物産社長(のちの会長)
1921年 - 1934年
次代
南条金雄