三井城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本丸址

三井城(みいじょう)は、現在の岐阜県各務原市三井山町にある、室町戦国時代日本の城跡である。別名三井山城。標高108.8mの三井山の山頂にある。

歴史[編集]

築城時期や城主は不明であるが、土岐氏の土岐忠八郎、又は、土岐氏の家臣である三井弥一郎(三井弥市郎)が築城したといわれている。木曽川のほとりに程近いことから、古くから砦が築かれ、やがて山城となったようである。山頂に本丸があり、その下に三層の曲輪があったことが確認されている。

築城にあたり、三井山山頂にあった神社を山の下に遷座させたという文献がある。三井山町の御井神社と上中屋町の天神神社がそれにあたるという。

1548年天文17年)、美濃国守護職土岐氏守護代斎藤氏との内紛の最中、尾張国織田信秀に攻められ落城し、そのまま廃城となる。

現在[編集]

三井山は公園として整備され、ハイキングコースもある。本丸址や曲輪、土塁も一部残っている。

関連項目[編集]