三上章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三上 章(みかみ あきら、1903年1月26日 - 1971年9月16日)は、日本言語学者

人物[編集]

広島県高田郡上甲立村(現安芸高田市)出身。博士(東洋大学、1960年)。『象は鼻が長い』(ISBN 978-4874241172)などの日本語研究で知られている。三上自身が創立期に参加していた奥田靖雄鈴木重幸らの言語学研究会での評価の他、世界的な評価もあり1970年にはハーバード大学に招かれて講義を行ったことがある。

経歴[編集]

学歴[編集]

広島高等師範附属中学(現広島大学附属高校)から、1920年(旧制)山口高等学校首席入学。しかし、校風が気にいらず退学し、翌1921年第三高等学校入学。1927年東京帝国大学工学部建築学科卒。

勤務歴[編集]

文法研究を始めるまで[編集]

若い頃哲学を志し、そのためには数学を学ぶ必要がある、として東京大学工学部建築科に入学する(1924年)。職業としては長く数学教師として勤務。朝鮮で教師をしていた時には哲学書を読み漁っていたという。1940年に『技芸は難くArs Longa』を自費出版、その翌年、佐久間鼎に入門。日本語文法研究を志す決意をしたとき、本居宣長の墓に詣でたという。

三上章の理論[編集]

三上章の理論は、益岡隆志博士論文や『三上文法から寺村文法へ』により、その緊密な体系性が明らかとなった。

動詞の分類[編集]

述語補語の研究の中では、動詞の新たな分類が重要なものの一つである。従来の他動詞自動詞という分類とは別に、「能動詞」と「所動詞」という分類を立てた。「所動詞」は最近の理論言語学でいう非対格動詞に相当する。「在る」や「要る」など、受動態にすることが不可能な動詞のクラスを表す。これは「間接受動」、あるいは「迷惑の受身」で自動詞を受動化できる日本語において重要な意味を持つ。

著書[編集]

  • 技芸は難く(武蔵野書房、1940年。全国書誌番号:44003692) - 「加茂一政」名義。(復刻版、1976年。全国書誌番号:86015195NCID BN03149720。)
  • 現代語法序説 : シンタクスの試み (刀江書院、1953年。全国書誌番号:53007431NCID BN08098809。)
  • 現代語法新説(刀江書院、1955年。全国書誌番号:55004416NCID BN03515228。)
  • 現代語法序説 : 主語は必要か(刀江書院、1959年。全国書誌番号:60000186NCID BN1139111X。)
  • 象は鼻が長い(くろしお出版、1960年。全国書誌番号:60014445NCID BN00733390。) - 標題紙のタイトルは「象ハ鼻ガ長イナア!」
  • 日本語の論理 : ハとガ(くろしお出版、1963年。全国書誌番号:63004799NCID BN00733572。)
  • 日本語の構文(くろしお出版、1963年。全国書誌番号:64000883NCID BN0050893X。)
  • 文法教育の革新(くろしお出版、1963年。全国書誌番号:77100006NCID BN00734087。)
  • 文法小論集(くろしお出版、1970年。全国書誌番号:75002171NCID BA4155330X。) - 標題紙のタイトルは「Bunpô Syôronsyû」
  • 三上章論文集(くろしお出版、1975年。全国書誌番号:75000030NCID BN02991091。)
  • 三上章著作集(くろしお出版、2002 - 2003年。NCID BA60313846) - 既刊の新装版を含む。

解説・評伝[編集]

  • 庵功雄『『象は鼻が長い』入門 日本語学の父 三上章』 くろしお出版、オンデマンド版2003年 ISBN 4865042784
  • 金谷武洋『主語を抹殺した男 評伝三上章』 講談社、2006年 ISBN 4062137801

参考文献[編集]

関連項目[編集]