三テルル化二アンチモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三テルル化二アンチモン
識別情報
CAS登録番号 1327-50-0 チェック
PubChem 6369653
ChemSpider 21241420 チェック
特性
化学式 Sb2Te3
モル質量 626.32 g mol−1
外観 灰色固体
密度 6.50 g cm−3[1]
融点

580 °C[1]

関連する物質
その他の陰イオン 三酸化二アンチモン
三硫化二アンチモン
三セレン化二アンチモン
その他の陽イオン 三テルル化二ヒ素
三テルル化二ビスマス
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

三テルル化二アンチモン(Antimony telluride)は、Sb2Te3という化学式で表される無機化合物である。灰色の結晶性固体であるが、多形であり、融点密度、色は結晶形に依存する。

合成[編集]

三テルル化二アンチモンは、500〜900℃でアンチモンテルルと反応させることで形成される。

応用[編集]

アンチモンやビスマスの他のカルコゲン化物と同様に、三テルル化二アンチモンは、半導体としての性質について研究されてきた。適切なドーパントドープすることで、N型半導体にもP型半導体にもなる。

三テルル化二アンチモンは、一テルル化ゲルマニウムとともに金属間化合物GeSbTeを形成する。

三テルル化二ビスマスと同様に、三テルル化二アンチモンは大きな熱電効果を持つため、ペルティエ素子に用いられる。

出典[編集]

  1. ^ a b Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, pp. 581–582, ISBN 0080379419