三つ子素数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三つ子素数(みつごそすう、prime triplet)もしくは三つ組素数とは、3個の素数の組で、(p, p + 2, p + 6) または (p, p + 4, p + 6) のタイプのもののことである。

概要[編集]

三つ子素数は双子素数いとこ素数セクシー素数を含む。

なお、双子素数は「2つの素数の組 (p, p + 2)」と定義されるのに対し、3つの素数の組である三つ子素数を「(p, p + 2, p + 4)」と定義していない

この形は (3, 5, 7) のみであるからと、p が5以上の素数の場合、「(p + 2, p + 4)」のいずれかが必ず3の倍数になる[1]からである。

三つ子素数を小さい順に並べると、次のようになる。

(5, 7, 11), (7, 11, 13), (11, 13, 17), (13, 17, 19), (17, 19, 23), (37, 41, 43), (41, 43, 47), (67, 71, 73), (97, 101, 103), …

三つ組の中で最小の素数のみを並べると、

5, 7, 11, 13, 17, 37, 41, 67, 97, 101, 103, 107, 191, 193, 223, 227, 277, 307, 311, 347, 457, 461, 613, 641, 821, 823, 853, 857, 877, 881, 1087, …(オンライン整数列大辞典の数列 A7529

である。このうち、(p, p + 2, p + 6) のタイプのものは

5, 11, 17, 41, 101, 107, 191, 227, 311, 347, 461, 641, 821, 857, 881, … (A22004)

(p, p + 4, p + 6) のタイプのものは

7, 13, 37, 67, 97, 103, 193, 223, 277, 307, 457, 613, 823, 853, 877, 1087, … (A22005)

となる。

予想[編集]

三つ子素数は無数に存在すると予想されている。ハーディリトルウッドはより詳細な予想を立てており、それによると、x 未満の (p, p + 2, p + 6) の形の三つ子素数、(p, p + 4, p + 6) の形の三つ子素数のそれぞれの個数はおよそ

であるらしい。108 未満の三つ子素数の個数は、それぞれ 55,600 と 55,556 であり、上記推定値は 55,490 である[2]

知られている三つ子素数で最大の p は、(p, p + 2, p + 6) の形では2019年4月に発見された20008桁の 4111286921397 × 266420 − 1 であり、(p, p + 4, p + 6) の形では2013年4月に発見された16737桁の 6521953289619 × 255555 − 5 である[3]

脚注[編集]

  1. ^ pが3で割って1余る数ならばp+2が3の倍数に、pが3で割って2余る数ならばp+4が3の倍数になる。
  2. ^ The Prime Glossary: prime triple”. Prime Pages. 2019年5月24日閲覧。
  3. ^ The Top Twenty: Triplet”. Prime Pages. 2019年5月24日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Weisstein, Eric W. "Prime Triplet". MathWorld(英語).