三つのジャポニスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三つのジャポニスム』(Les Trois Notes du Japon)は、2001年東京佼成ウインドオーケストラの委嘱で真島俊夫により作曲された吹奏楽曲。日本的な題材を西洋的技法で表現している。なお、「ジャポニム(スが濁音)」とも言われることもあるが、正確には、フランス語に基づくジャポニスム(スに濁点がつかない)である。アトリエエムにて楽譜が販売されている。

概略[編集]

2001年4月27日東京文化会館大ホールで開催された東京佼成ウインドオーケストラ第68回定期演奏会において常任指揮者ダグラス・ボストックの指揮により初演された。ボストックは同年5月にドイツスイスでも演奏している。2003年スウェーデンヨンショーピングで開催された第11回世界吹奏楽大会(WASBE)とオーストリアシュラドミングのミッド・ヨーロッパ音楽祭で神奈川大学吹奏楽部により演奏され、今までとは違う日本的テイストを持つ曲として高い評価を得られた。

高度な技術が必要とされるが、人気がある吹奏楽作品であり、全日本吹奏楽コンクールの自由曲やコンサートにおいて中学生高校生が演奏することもある。

タイトルの語感から、作曲者は曲名と各楽章名の欧文表記もフランス語にしている。

作曲者自身によって管弦楽のために編曲され、2010年1月11日オーチャードホールで開催された「渋谷ブラスフェスタ」で渡邊一正指揮する東京フィルハーモニー交響楽団により初演された。

曲の構成[編集]

「鶴が舞う」「雪の川」「祭り」の3曲で構成される。すべて演奏をすると、約18分にもなる。全日本吹奏楽コンクールでは、演奏時間の制限のため各団体ならではの編集がなされる。また、作曲者自身によって約7分30秒に再編集された「三つのジャポニスム コンポーザーズ・エディション」も発売されている。

  1. 鶴が舞う(La Danse des Grues
    丹頂鶴の求愛ダンスを吹奏楽で可憐に表現している。鶴が舞う場面には、うちわの紙を外し2つをたたき合わせ表現される。ピッコロオーボエソプラノサックスなどのソロがある。また途中、鶴の羽ばたきと鳴き声の描写が入る。
  2. 雪の川(La Rivière Enneigée
    冬の渓谷を静かに流れる川に、雪がしんしんと降り続ける墨絵のような光景を描写している。川が流れる音には、高さの異なる竹の筒をウィンドチャイムの吊るし棒に糸でたらし、手でゆすり表現される。コーラングレソプラノサックスフルートのソロがある。
  3. 祭り(La Fête du Feu
    日本の夏に行われる情熱的な踊りや祭を表現している。途中、入道雲のある夏の空を描写した部分がある。また、ねぶたのリズムが使われている。クラリネットフルート銅鑼ティンパニのソロがある。