万里 (浮世絵師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

万里(まんり、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

杜楽斎、万里と号して天明寛政期に鳥居清長風の錦絵を描いている。万里の読み方は「まり」ともいわれる。吉原の男芸者であった万里と同一人物かであるとも、または勝川春朗の別号とする説もある。中判の揃物「中洲八景」のうち3点のみが知られる。

作品[編集]

  • 「中洲八景 浮洲の落雁」 中判 揃物
  • 「中洲八景 大橋の帰帆」 中判 揃物
  • 「中洲八景 川岸の晴嵐」 中判 揃物

参考文献[編集]

  • 渋井清 「浮世絵Ⅲ 歌麿‐豊国」 『日本版画美術全集四』 講談社、1960年
  • 安田剛蔵 「北斎初期美人画の一傾向‐万里・群馬亭・東周の研究」 日本浮世絵協会編『浮世絵芸術』第9号 日本浮世絵協会、1965年
  • 安田剛蔵 『画狂北斎』 有光書房、1971年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』第2巻 大修館書店、1982年 ※130頁