万寿寺殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

万寿寺殿(まんじゅじどの、万治2年3月1日1659年4月22日) - 宝永3年7月4日1706年8月11日))は第4代仙台藩伊達綱村正室江戸幕府老中である小田原藩稲葉正則の娘。俗称は仙姫。法諡は万寿寺殿宝蓮浄晃尼大姉。

経歴[編集]

延宝元年12月15日1674年1月21日)に父の正則による伊達綱村の後見を目的として幕命により綱村と婚約し、延宝5年(1677年)に結婚。綱村との間に扇千代丸、高姫、伯姫を儲けるが全て夭折する。このために、元禄8年(1695年)に伊達吉村が綱村の養子となる。

宝永3年7月4日(1706年8月11日)に夫に先立って死去する。享年48。伊達忠宗の正室孝勝院などと同前に菩提寺として開元山万寿寺が建立される。

参考文献[編集]

  • 「新訂寛政重修諸家譜・第十二」(昭和40年(1965年)、続群書類従完成会)
  • 『仙台叢書 第一巻』(仙台叢書刊行会、大正11年(1922年))
  • 伊達治家記録