万寿台海外開発会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

万寿台海外開発会社(マンスデかいがいかいはつがいしゃ、英:Mansudae Overseas Project Group of Companies, 朝鮮語: 만수대해외개발회사)は朝鮮民主主義人民共和国建設会社万寿台創作社の海外事業部門である。

概要[編集]

アフリカ諸国の記念碑的建造物の建設を多く手掛けており、ナミビアでは大統領府英語版(State House)、および英雄記念碑(National Heroes Acre)を、ベナンではベハンジン英語版像を、セネガルではアフリカ・ルネサンスの像を、ボツワナでは三首長の像の建設を請け負った。

社会主義的なモチーフを持つ北朝鮮製の銅像は一部アフリカ諸国などから高い評価を得ており、年間1,000万ドル程度のビジネス規模ではあるものの北朝鮮にとっては貴重な外貨獲得の手段となってきた。しかし2016年11月30日に国連安全保障理事会が採択した北朝鮮に対する制裁決議案のなかに石炭などの天然資源ともに「銅像」の輸出禁止が盛り込まれており、事業の先行きは不透明なものになっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 国連の対北朝鮮制裁、「銅像」輸出も対象にロイター通信(2016年12月2日)

ギャラリー[編集]