万国津梁の鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
万国津梁の鐘(旧首里城正殿鐘)、戦前に撮影されたもの[1]

万国津梁の鐘(ばんこくしんりょうのかね)は、1458年琉球王国第一尚氏王統の尚泰久王鋳造させた釣鐘

表に刻まれた銘文に、琉球の海洋国家としての気概が謳われていることで有名である。かつては首里城正殿に懸けられていたが、現在は沖縄県の所有となっている(沖縄県立博物館・美術館にて保管)。1978年昭和53年)6月15日に「銅鐘(旧首里城正殿鐘)」の名称で国の重要文化財に指定された[2]

概要[編集]

「万国津梁の鐘」は、高さ154.9cm・口径93.1cm・重さ721kg[3]と、小形のものが多い琉球鐘の中にあって大形の作品であり、和鐘の形式であるが縦帯を4条にとって下帯を省略し、駒の爪を大きく出し2段にとるなど特異な点がみられる[2]。製作に関わる情報として「戊寅六月十九日」[注釈 1]・「大工藤原国善」の銘が入る[2]

銘文[編集]

鐘の表には、臨済宗の僧で琉球・相国寺の二世住持渓隠安潜による漢文が刻まれ[4]、「琉球国は南海の勝地にして、三韓の秀を鍾め、大明を以て輔車となし、日域を以て唇歯となす。此の二の中間に在りて湧出する蓬莱島なり。舟楫を以て万国の津梁となす」(書き下し)という一節は、海洋貿易国家として栄えた琉球王国の気概を示すものとして有名で[5]、「万国津梁の鐘」と称されるゆえんである[注釈 2]

全文は以下の通り。

琉球国者南海勝地而
鍾三韓之秀以大明為
輔車以日域為唇齒在
此二中間湧出之蓬莱
島也以舟楫為万国之
津梁異産至宝充満十
方刹地靈人物遠扇和
夏之仁風故吾
王大世主庚寅慶生尚泰久茲
承宝位於高天育蒼生
於厚地為興隆三宝報
酬四恩新鋳巨鐘以就
本州中山国王殿前掛
着之定憲章于三代之
後戢文武于百王之前
下済三界群生上祝万
歳宝位辱命相国住持
溪隠安潜叟求銘々曰
須弥南畔 世界洪宏
吾王出現 済苦衆生
截流玉象 吼月華鯨
泛溢四海 震梵音声
覚長夜夢 輸感天誠
堯風永扇 舜日益明
戊寅六月十九日辛亥
大工藤原国善
住相国溪隠叟誌之[7]

沖縄のシンボルとして[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「戊寅」は鐘が製作された1458年(天順2年)を干支で表したものである[2]
  2. ^ 「津梁」は橋または渡しを意味するが、仏教では迷える衆生を彼岸(悟り)に導くことの比喩としても用いられる[6]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]