七沢清助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

七沢 清助(ななさわ せいすけ、1873年8月17日 - 1967年2月28日)は日本の政治家、実業家。元長野県長野市長。旧姓は井口。

来歴[編集]

長野県更級郡原村(現長野市)生まれ。旧制長野中学(長野県長野高等学校)を経て、東京物理学校卒業後、北佐久郡志賀小学校教諭となった、後に長野の七沢家の養子となり、老舗の風月堂を経営の傍ら、長野市会議員を3期務めた。大正11年(1922年)に信濃電気の支配人となる。須坂の製紙王と呼ばれた越寿三郎の知遇を得て、同13年(1924年)に信越窒素肥料(後の信越化学工業)の設立に参画し、取締役に就任した。

昭和9年(1934年)官選の長野市長に推挙されたが、わずか2か月で辞職した。同15年(1940年)長野信用金庫の理事となり、同29年(1954年)理事長、同35年(1961年)会長、同40年(1965年)顧問となる。

他方、長野地裁調停委員、長野県商工会議所顧問、長野県信用金庫協会長、長野運送社長などを歴任し、昭和35年(1961年)長野市名誉市民に選出、同42年(1967年)従五位勲四等瑞宝章を受勲した。

女優の松井須磨子の叔父にあたる。

参考文献[編集]

  • 『信濃人物誌』1965年
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年