七尾コロサスキー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
七尾コロサスキー場
所在地 石川県七尾市多根町ハカノ谷内555番地7[1]
所有者 七尾市
指定管理者 湖畔コロサ管理組合[2]
開業日 1999年12月23日[3]
標高 391 m - 326 m
標高差 65 m
最長滑走距離 430 m
最大傾斜 27
コース数 3本
索道数 1[4]
公式サイト www.city.nanao.ishikawa.jp
テンプレートを表示

七尾コロサスキー場(ななおコロサスキーじょう)は、石川県七尾市多根町にあるスキー場である。七尾市が「七尾コロサスキー場条例」に基づき設置しており[5]、湖畔公園コロサ管理組合が指定管理者として運営している[2][6][7]

概要[編集]

1998年12月23日の仮オープンを経て[8]、翌シーズンの1999年12月23日に開業[3]湖畔公園コロサの一角にあり、多根ダムのダム湖である多根湖を一望できる。七尾市街地から近いため、家族連れが多い。能登半島唯一のスキー場で[6]あるものの、地理的条件から積雪不足のために、シーズン中でも営業が停止することがある。ナイター設備が整えられているが、ナイター営業は指定日のみとなっている(シーズンによってはまったく行っていないこともある)。

2018年度および2019年度は暖冬による積雪不足に伴い営業を見送っている[7]

コース[編集]

  • 上級コース:滑走距離221m
  • 初級・中級コース:滑走距離430m、最大斜度14度
  • 初級コース:滑走距離120m[7]、平均斜度9度

施設[編集]

  • 所在地:石川県七尾市多根町ハカノ谷内555番地7
  • 営業時間:9:00 - 16:00[6]
    • レンタルショップ
    • スキースクール
    • ロッジ(山びこ荘)
    • レストハウス(軽食)
    • 駐車場(70台、無料)

交通アクセス[編集]

公共交通
  • 七尾駅前の七尾駅前バスターミナルから、七尾市運行のちょっこり山歩きバス「やまびこ号」乗車。ふれあいセンター山びこ荘下車すぐ。七尾駅から約40分。

その他[編集]

スキー場の名前となっているコロサとは、多根町の小字名の1つであるが、このコロサとは漢字で「木呂佐」や「狐狼猿」とも書き、前者は木呂(=丸太材)を出す沢という意味を、また後者はキツネ)・オオカミ)・サル)の棲む山村という意味であるといわれる[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ほっと石川旅ねっと 七尾コロサスキー場 - 石川県観光連盟
  2. ^ a b 指定管理者の議決(令和2年12月) (PDF) - 七尾市総務部企画財政課
  3. ^ a b 「七尾コロサスキー場 冬のにぎわい町の活気へ」『北國新聞』朝刊(能登面)、1999年12月24日、17面。
  4. ^ 『令和2年度 鉄道要覧電気車研究会、2020年10月28日、431頁。ISBN 978-488548-133-8
  5. ^ 七尾コロサスキー場条例
  6. ^ a b c “能登で唯一 七尾コロサスキー場3季ぶり”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2020年12月27日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000026169 2021年6月5日閲覧。 
  7. ^ a b c “初滑り 雪の感触堪能 七尾コロサ 6年ぶり年内開業”. 中日新聞Web. (2020年12月27日). オリジナルの2021年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210214085117/https://www.chunichi.co.jp/article/177326 2021年6月5日閲覧。 
  8. ^ 「コロサスキー場オープン ペアリフト運転開始」『北國新聞』朝刊(能登面)、1998年12月24日、16面。
  9. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(17.石川県)』[要ページ番号]角川書店1981年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]