七宮ケイ三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「七宮涬三」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

七宮 涬三(しちのみや けいぞう、1928年 -2011年2月16日)は、日本の歴史学者作家実業家富士大学名誉教授

主に平安時代末期から戦国時代にかけての氏族に関する著書や、岩手県の政治家や経済人に関する著作が多い。

経歴[編集]

東京府生まれ。岩手大学教育学部卒業。岩手日報社東京支社編集部長、みちのくコカ・コーラボトリング取締役などを経て富士大学教授、1999年定年、名誉教授。日本中世史以外の著書に、『晩年の石川啄木』『岩手県人』『岩手宰相論』など、岩手県に関する著書も多数。

2011年、急性肺炎により死去。享年82。

著書[編集]

  • 『岩手県人 日本人国記』新人物往来社 1975
  • 『みちのく蘭学事始 大槻玄沢とその時代』(新人物往来社1977年
  • 『岩手宰相論 日本を動かした岩手県人 新人物往来社 1981
  • 『みちのく太平記 あらえびす征京始末』津軽書房 1981
  • 『岩手人物論』熊谷印刷出版部 1984
  • 『晩年の石川啄木』第三文明社・レグルス文庫、1987
  • 『陸奥南部一族』新人物往来社 1987
  • 『津軽秋田安東一族』(新人物往来社、1989年
  • 『みちのく人びとの風景』岩手日報社 1996
  • 『常陸・秋田佐竹一族』新人物往来社 2001
  • 『下総・奥州相馬一族』[1](新人物往来社、2003年
  • 『下野 小山・結城一族』(新人物往来社、2005年)
  • 『陸奥・出羽斯波・最上一族』(新人物往来社、2005年
  • 『下野・宇都宮一族』(新人物往来社、2006年
  • 『三浦・会津蘆名一族』新人物往来社 2007
  • 『織田水軍・九鬼一族』新人物往来社 2008

共編著[編集]

  • 『元総理鈴木善幸激動の日本政治を語る 戦後40年の検証』岩手放送 1992
  • 『藤原四代のすべて』編 新人物往来社 1993
  • 米内光政のすべて』編 新人物往来社 1994
  • 『人生は戦い ひた走りに走り続ける戦いの人間学』中村功共著 IBC岩手放送編 高木書房 1997
  • 『元参議院議員小川仁一・売上税反対で男を上げた』IBC岩手放送 1998
  • 『関東管領・上杉一族』編 新人物往来社 2002
  • 『岩手県の不思議事典』金野靜一,駒井健共編 新人物往来社 2003

脚注[編集]