七宝駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
七宝駅
七宝駅駅舎(2005年5月)
七宝駅駅舎(2005年5月)
しっぽう
SHIPPŌ
TB01 甚目寺 (1.7km)
(1.7km) 木田 TB03
所在地 愛知県あま市七宝町沖之島返上地82-1
駅番号 TB  02 
所属事業者 Meitetsu logomark 2.svg名古屋鉄道
所属路線 津島線
キロ程 3.7km(須ヶ口起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,499人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1914年(大正3年)1月23日
テンプレートを表示

七宝駅(しっぽうえき)は、愛知県あま市七宝町沖之島返上地にある、名古屋鉄道(名鉄)津島線。駅番号はTB02。旧海部郡七宝町内で唯一の鉄道駅だが、七宝町の中心市街地からは離れているため隣の甚目寺駅木田駅に比べると利用者は少なく、普通列車しか停車しない。

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ地上駅。ホームは津島方面は6両分、名古屋方面が8両分。改札口は一箇所(北改札口)のみで互いのホームは構内踏切で繋がっている。自動改札機とボタン式自動券売機が設置されているが、駅集中管理システムによる無人駅となっており、須ヶ口駅から遠隔管理されている。 男女トイレと多目的トイレが上りホームに設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 津島線 下り 津島佐屋弥富森上一宮方面
2 津島線 上り 須ヶ口名古屋東岡崎太田川方面

配線図[編集]

七宝駅 構内配線略図

津島・
弥富方面
七宝駅 構内配線略図
須ヶ口・
名古屋方面
凡例
出典:[2]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は4,499人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中92位、津島線(8駅)中5位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は4,855人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中96位、津島線(8駅)中6位であった[3]
  • 『愛知県統計年鑑』によると2007年度(平成19年度)の1日平均乗車人員は2,067人、2008年度(平成20年度)は2,111人である。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
津島線
特急急行準急
通過
普通
甚目寺駅 - 七宝駅 - 木田駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

七宝駅(名古屋鉄道)