七奪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

七奪칠탈)とは、日本韓国併合により朝鮮半島韓国北朝鮮)から7つのものを奪ったとする主張[1]。韓国側から主張されている[1]

概要[編集]

韓国側は奪った7つとして、

  1. 主権
  2. 国王
  3. 人命
  4. 国語
  5. 姓氏創氏改名
  6. 土地土地調査事業
  7. 資源

を挙げている[1]

一方で、逆に「七恩」あるいは「七大貢献」だったとする反論もある[2][3][4][5]。これは、黄文雄水間政憲などが主張する、むしろ日本が朝鮮に上記の7つを与えたとする説である。例を挙げると、「日本の国費で朝鮮に学校が建設され、庶民にハングルが普及した(国語)」[3][4]「日本の統治により朝鮮の食糧生産が増え、さらに衛生環境も改善され、餓死者や病死者が激減し、朝鮮の人口が2倍に増えた(人命)」[3][4][6]などである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 黄文雄 『韓国は日本人がつくった―朝鮮総督府の隠された真実』 徳間書店2002年、2頁。ISBN 4198615063
  2. ^ 黄文雄「七奪どころか七大貢献」WiLL 2010年10月号
  3. ^ a b c 水間政憲『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』 徳間書店 2010年7月 ISBN 978-4-19-862990-8
  4. ^ a b c 黄文雄『改訂版 韓国は日本人がつくった』 ワック・マガジンズ 2010年9月 ISBN 978-4-89381-632-0
  5. ^ 松木國俊『ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った!』ワック・マガジンズ 2011年9月 ISBN 978-4898311660
  6. ^ 田母神俊雄 『田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ』 双葉社 2009年2月 ISBN 978-4575301106