七五三現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

七五三現象(しちごさんげんしょう)とは、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のこと。

第23回識者と語る論談倶楽部(2004年(平成16年)5月13日)によると、この現象は最近の問題ではなく10年前(1994年(平成6年))とほぼ変わらないが、25年前(1979年(昭和54年))と比べると高卒者の短期離職者が増えていると書かれている[1]。なお2010年卒の離職率は、中卒6割、高卒4割、大卒3割と若干減少している。

離職率の推移[編集]

学歴別3年以内離職率の推移(%)
年卒 中卒 高卒 大卒
1982 60.2 37.7
1987 64.5 46.2 28.4
1990 67.0 45.1 26.5
1995 70.3 46.6 32.0
2000 73.0 50.3 36.5
2005 66.7 47.9 35.9
2010 62.1 39.2 31.0


参考資料[編集]

関連項目[編集]