丁多雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
ワールドマスターズ
2013 チュメニ 63kg級
グランドスラム
2012 パリ 63kg級
2013 パリ 66kg級
2010 東京 63kg級
2013 東京 63kg級
アジア大会
2014 仁川 63kg級

丁 多雲(チョン ダウン、: 정다운: Joung Da-Woon1989年4月23日- )は、韓国ソウル出身の柔道選手。階級は63kg級。身長173cm[1]

人物[編集]

2011年の世界選手権では2回戦で日本の上野順恵横四方固で敗れた。2012年のグランドスラム・パリ決勝では田中美衣袈裟固で敗れるが、グランプリ・デュッセルドルフでは優勝を飾った。ロンドンオリンピックでは準々決勝で上野を有効で破るが、準決勝で中国の徐麗麗に指導2で敗れると、3位決定戦でもフランスのジブリズ・エマヌに判定で敗れメダルを獲得することができなかった[1]。2013年5月のワールドマスターズでは準々決勝で日本の阿部香菜縦四方固で敗れて3位だった。8月の世界選手権では初戦でウクライナのスヴィトラナ・チェプリナに一本負けを喫した。11月のグランドスラム・東京では準決勝で阿部と対戦して、小内刈で技ありを取られた後に内股で一本負けを喫した。なお、この試合で丁多雲は寝技の攻防の際に阿部の右手に噛み付くような動作を見せたとも報じられた[2][3]。形勢の不利にイラついたのか、阿部の手を噛み付くという醜態を晒して日本中のファンからブーイングを受けた「噛み付き女」と報じる向きもあった[4]。2014年9月に地元韓国の仁川で開催されたアジア大会では優勝した[5]。その後引退すると、2016年のリオデジャネイロオリンピック以降は韓国ナショナルチームのコーチとなった[6]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]