丁固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丁 固(てい こ、198年 - 273年)は、中国三国時代の政治家。に仕えた。字は子賤。改名前の名は丁密と言い、滕皇后の父親である滕密と名が一緒であったため、お互いに改名した。父は丁覧。

人物[編集]

『会稽典録』によると、子供の頃の丁固を見た闞沢は、その非凡さを見て「この児は必ず位人臣を極めるであろう」と言った。 若くして父親を失い、母親と二人で暮らした。家は貧しく慎ましい生活をし、母親には孝養を尽くした。また、一族の中で年下の身寄りのない者たちと生計を立て、辛苦を共にした。 虞翻は丁固の同僚に当てた手紙で、丁固の人物を大いに賞賛している。

『通語』によると、二宮の変の際は尚書の位に就き太子を守り、礼に適った行動を取った。顕官を歴任し、257年以前までに廷尉の位まで昇進している。

257年8月、鄱陽と新都の民衆が反乱を起こしたため、鄭冑鍾離牧と共に軍を率いて討伐した。

262年10月、左御史大夫に昇進した。

265年9月、孫皓建業から武昌に遷都した際、諸葛靚と共に建業の守りに当たった。孫皓の暴虐が頂点に達したとき、丁固は陸凱孟宗と共に心を合わせて、国家の行方を心配した。

266年10月、永安の山賊である施但らが数千人の徒党を集めた。また孫謙を脅迫して、自分らと共に烏程まで進ませ、孫和の墓陵にあった楽器や曲蓋を奪い取った。さらに建業まで進むと、その徒党は一万余にまで膨れ上がっていった。丁固と諸葛靚がこれを迎え撃って戦い、大いに撃退して孫謙を保護したが、孫謙は不甲斐なさから自殺した。しかし呉歴には孫皓が毒殺し、母や息子も殺したと書かれている。 同年12月、陸凱や丁奉と謀り孫皓の廃位を計ったが、孫皓の護衛をしていた留平に反対されたため、断念した。

268年2月、司徒に昇進した。呉書によると、以前丁固が尚書であった際、松の木が腹の上に生えるのを夢に見て、ある人に「松の字は十・八・公からなる。十八年後、私は三公になっているであろう」と言っており、結局夢のとおりになった。

273年3月、76歳で死去した。

陸機は『弁亡論』にて、晩年の呉を支えた人々の名を挙げた際、丁固の名前も挙げている。