光学軸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一軸性から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

光学軸(こうがくじく、: optic axis (of a crystal))は、光学異方性である複屈折結晶において、を入射しても光が分かれない方向のことである。光軸(こうじく)[1]とも呼ばれる。

簡単に説明すると、右の写真において、方解石を通すと文字が二重に見えてしまうが、二重に見えなくなる方向があり、それを光学軸と呼ぶ。

光学系における光軸: optical axis)と混同しないよう注意する必要がある[2]

定義[編集]

光学軸は、光学異方性の複屈折結晶において、屈折率が一定になり、偏光していない光を入射しても複屈折が発生せず、通常光線異常光線が一致する(もしくは、ずれが最小となる)方向のことである。

光学軸は結晶の構造から決定される。光学軸は一軸性結晶(単軸結晶)では1方向であり、二軸性結晶(双軸結晶)では2方向となる。

光学軸の特定は偏光顕微鏡コノスコープによって行われる。

光学軸がある結晶(鉱物)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、85頁。ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]
  2. ^ 光技術用語辞典:光学軸 Archived 2005年1月28日, at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]