一草舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一草舎(いっそうしゃ)は、長野県に関する書籍を出版していた長野市出版社である。一草舎出版とも。

歴史[編集]

2004年平成16年)2月創業。創業者は郷土出版社松本市)を創業した高橋将人[1]。所在地は長野県長野市若里5-10-48[2]

1975年昭和50年)に郷土出版社を創業した高橋であったが、2000年(平成12年)2月に解離性大動脈瘤を患い、一度は経営から身を引いたものの、再起し2004年に一草舎を立ち上げた[1]

高橋の「信州以外の本は作らない。そして会社維持だけのための本は作るまい」(引用)との想いから[1]、「信州の本」にこだわり、長野ゆかりの童謡、民話、歴史などの出版活動を続けてきた同社であったが、2010年(平成22年)6月に任意整理による解散をした[要出典]

2010年7月、宮帯出版社京都府京都市上京区)が発売元となって全国の書店に流通させている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 長野商工会議所だより 2004年12月号 No. 677 人きらっとひかる 高橋 将人さん(一草舎出版)”. 長野商工会議所 (2004年12月). 2008年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月23日閲覧。
  2. ^ 信州にこだわる 一草舎”. 一草舎. 2007年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月23日閲覧。
  3. ^ 会社案内”. 宮帯出版社. 2022年1月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]