一色須賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一色 須賀

一色 須賀(いっしき すが、天保9年4月26日1838年5月19日) - 昭和4年(1929年10月7日)は、一橋徳川家老女。15代将軍・徳川慶喜側室幼名はみち。父は一色定住。伯父は駒井信興

生涯[編集]

旗本・一色貞之助定住の長女として生まれた。その後、一橋徳川家の奥女中・杉浦の養女となり、一橋家に入る。慶喜の正室・一条美賀子の女中となった後、慶喜の側室となったとされる。

昭和4年(1929年)、死去。享年92。墓所は東京都台東区にある谷中墓地

参考文献[編集]