一色義貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
一色義貫
時代 室町時代
生誕 応永7年(1400年
死没 永享12年5月15日1440年6月14日
改名 義範→義貫
戒名 安養寺泰雲
官位 兵部少輔左京大夫修理大夫
幕府 室町幕府四職丹後若狭三河山城守護
尾張知多分郡守護
主君 足利義持義量義教
氏族 丹後一色氏
父母 父:一色満範
兄弟 持範義貫持信
義直義遠

一色 義貫(いっしき よしつら)は、室町時代武将守護大名丹後一色氏の当主。

室町幕府第4代将軍足利義持より偏諱を受け、初めは父の1字と合わせて義範を名乗り、のち義貫と改名する。尚、上の「義」の字を与えられていることから、下の「持」の字を与えられた兄・持範、弟・持信に比べ、良い待遇を受けていたものと推測される。

生涯[編集]

応永16年(1409年)、父・一色満範の死により家督を継ぐと同時に丹後国及び尾張国海東郡知多郡分郡守護に任じられる。応永19年(1412年)に若狭国、同22年(1415年)には三河国、同25年(1418年)には山城国守護となったことで4カ国を兼ねる有力守護大名となった。

応永23年(1416年)、鎌倉府にて上杉禅秀の乱が起きた際、上杉禅秀の娘を妾としている足利義嗣が京から出奔し山城高雄に遁世、義持により仁和寺興徳庵に移される騒動が起きると、義嗣の身柄奪還の懸念から侍所別当であった義貫(当時は義範)が警固している。応永34年(1427年)、前将軍・義持が赤松満祐の所領播磨国を没収して寵愛する側近の赤松持貞(満祐の又従兄弟)に与えようし、これに反発した満祐が京の自邸を焼き払って領国の播磨へ下り一族を集めて合戦の準備を始めると、激怒した義持から討伐の命を受けたが義貫は出兵を拒否している。正長元年(1429年)、反乱を起こした伊勢国北畠満雅攻めには従軍している。

四職の1人となって幕政に参与したが、6代将軍足利義教の代になると、供奉を放棄するなど次第に対立し、一時は幕政から遠ざけられた。管領畠山満家らの仲介もあって、義貫は再び幕政に復帰している。永享12年(1440年)、関東で起こった結城合戦に際して、義教の命で大和国越智氏を討伐のために出陣する(大和永享の乱)。しかし、永享の乱で幕府に対して挙兵した足利持氏の残党(一色時家等)を匿った罪を問われ、土岐持頼と共に義教から追討を受け、武田信栄に腹背を攻められて敗北。同年5月15日、大和信貴山の竜門寺で一族と共に自害して果てた。享年41。翌日には義教から一色氏の家督継承を命じられた甥(弟・持信の子)・教親が京都の一色邸を武力で接収、留守を守っていた前若狭守護代の三方範忠は討たれ、重臣の延永直信は降伏して下野、義貫の遺児の擁立をうかがう事になる。

義貫は4ヶ国を兼ねる有力守護となり、そのために義教に警戒され暗殺されたとも言われる。また、一色氏内部でも家督をめぐり兄持範・甥(弟・持信の子)である教親との抗争があった。義貫の遺領地は分配され、一色氏は没落する。