一色浩一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一色 浩一郎(いっしき こういちろう、1941年 - )は、日本の経営学者経営学博士(UCLA)。

愛媛県松山市出身。松山南高等学校、松山商科大学(現松山大学)卒業。百十四銀行勤務を経て渡米、UCLA博士後期課程修了、博士号取得。

現在カリフォルニア州立理工大学ポモナ校教授(コンピュータ情報学)。

米国のNCCでは委員長、講演者として著名。朝日新聞日本経済新聞日刊工業新聞などが主催する日本における講演も多数。

著書の1つである「Small Business Computer」は、米国・欧州の約200の大学でテキストになっている。

関連項目[編集]