一色正春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一色 正春(いっしき まさはる、1967年1月3日 - )は元海上保安官尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像をYouTubeへ最初に投稿した人物である。

人物[編集]

京都府京都市出身[1]。国立富山商船高等専門学校卒業[2]。学生時代は空手稽古に熱中していた。商船学校卒業後は、海運業を営む企業に就職し、外航航路の船員として原油天然ガス日本に輸送するタンカー船などに乗船した[3]。20代半ばで不況もあってを降り、サラリーマン、職人見習いのようなことを日本で経験した[3]。その後商船時代の同僚が先に海保にいたこともあり、30歳のとき国家公務員試験を受けて海上保安官となる[3]

海上保安学校門司分校を卒業後[4]1998年釜石海上保安部巡視艇勤務[4]2003年小松島海上保安部の予備員、2004年姫路海上保安部で巡視艇の航海士として勤務した[5]2010年には、神戸海上保安部兵庫県神戸市)の巡視艇「うらなみ」の主任航海士[6]となった[5]

海上保安庁には国際捜査官と呼ばれる職域があり、一色は語学力と空手で鍛えた身のこなしを生かして、日韓を結ぶ国際捜査にも携わった[5][7]。上司や部下、同僚は、「真面目で気さく」「仕事は優秀だった」と話している[5]2007年放送大学卒業[7]

2010年10月下旬から11月初め、尖閣諸島中国漁船衝突事件のビデオ映像が入ったSDカードを、CNNの東京支局に郵送した[8]。この映像を送りつけられたCNNでは、出所不明の怪文書の類とみなしてSDカードを直ちに処分、廃棄した。CNNの動きが無かったため、同年11月4日、神戸市のネットカフェで「sengoku38」というアカウント名でYouTubeに動画をアップロードした。CNNが報道していればYouTubeにはアップロードしなかったと後に語っている[3]。同様に、自らが出演したテレビ番組では「東京では報道陣などに配布するDVDも用意していた」と語った[9]

一色は動画投稿後、読売テレビに連絡し、事件の詳しい内容を話した[3]。一色はいずれ流出元が自分であると判明すると考えており、読売テレビの取材に応えたのは逮捕された時に「頭のおかしなやつがやったこと」にされないための保険であった[3]

同年11月10日、動画を流出させたのが自分であると上司に名乗り出、神戸市の庁舎で国家公務員法違反の任意聴取に応じる。以後11月16日まで庁舎宿泊をしながら聴取に応じた。

同年12月17日に辞職届を提出[10]12月22日、海上保安庁により停職12か月の懲戒処分[11][12]。同時に辞職届が受理され同日付で海上保安官を辞職した[10][11][12]。在任中、長官表彰3回、本部長表彰4回受彰[7]。同12月22日、警視庁により国家公務員法守秘義務)違反容疑で書類送検された[12]。一色は動画投稿について、「政治的主張や私利私欲に基づくものではない」と述べ、後悔はしていないことを強調した[13]

2011年1月21日に国家公務員法違反について起訴猶予処分が下された[14][15]。同年3月に発生した東日本大震災では、自身のTwitterを活用し、日本語がわからないニューカマーの在日コリアンのために、帰宅困難者屋内退避等の情報を韓国語に翻訳して提供するボランティア活動をおこなった。

2012年論文「中国の狙いは尖閣だけではない」で第5回「真の近現代史観」懸賞論文“最優秀藤誠志賞”を受賞した。

sengoku38[編集]

YouTubeのプロフィールには、「年齢:25歳」「国:日本」と登録されていたが[16]、実際は43歳であった。

アカウント名に含まれる"sengoku"は、仙谷由人内閣官房長官を意識したものと報道された[17][18]。"38"については読みをもじった多数の説が挙げられた他、「sengoku」で登録を試みたところ既に使われている名前のため、無作為に自動作成された候補の中から採用しただけ、といった説が浮上した[17][18]。このアカウント名について仙谷は記者会見で、「あれっ、と思いました」、「私あんまり自分でユーチューブとかそういうところに投稿したりすることしておりませんので」などと述べた[19]

"sengoku38"の名前の意味について、一色は当初は"sengoku"について「官房長官の仙谷でもあるし、戦国時代の戦国かもしれない」と話していた[20]。後に"sengoku38"で投稿した意味については捜査当局、家族、弁護士にも話していないとし[21]、「事件が忘れられてしまうので、謎が残った方がいい[22]」「まあ、1つくらい秘密が残った方が事件が忘れられない感じになる、という気持ちがあります。『あんまり気にしないでください』と言えば、逆に気になるでしょうけど、それが狙いなので[23]」と話した。

流出ならびにsengoku38というワードは、マスメディアにおいて多数使用され、2010年ネット流行語大賞の銀賞に選ばれた[24]

名前を考えた時期については「ネットカフェに行く途中」と答えている[9]

その他[編集]

著書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一色 著者プロフィール
  2. ^ 日本のアウンサンスーチー、尖閣ビデオを一部公開した一色正春(sengoku38)”. 地球ネットワークス(Chikyu NetworX) (2010年11月17日). 2011年2月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 情報デモクラシー2011:尖閣映像流出の真意は 一色元海上保安官にインタビュー 毎日新聞 2011年2月22日
  4. ^ a b 一色 p13
  5. ^ a b c d 激励の声続々! 流出海上保安官の素顔…出馬情報も”. 夕刊フジ/ZAKZAK. 2011年2月22日閲覧。
  6. ^ 読売新聞2010年11月11日の記事で「巡視船うらなみにおける実質ナンバー3の立場」と報道された。
  7. ^ a b c 『(独占手記)一色正春元海上保安官が尖閣ビデオを徹底分析する』 WiLL 2011年4月号 p.28-41 ワック
  8. ^ “尖閣衝突映像CNNに郵送、海上保安官供述”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年11月25日). オリジナル2010年11月27日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101127080550/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101124-OYT1T01260.htm 2011年2月22日閲覧。 
  9. ^ a b “sengoku38”こと一色正春氏がたかじんと番組討論「報道陣に配るDVDも用意していた オリコンニュース 2011年5月28日
  10. ^ a b “保安官「後悔していない」 尖閣ビデオ流出、海保処分”. 神戸新聞 (47NEWS). (2010年12月23日). http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101223205133.html 2012年11月13日閲覧。 
  11. ^ a b “映像流出の保安官、停職12カ月 保安官は処分後、辞職”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年12月22日). http://www.47news.jp/movie/general_national/post_1862/ 2012年11月13日閲覧。 
  12. ^ a b c “海上保安官、停職1年の厳重処分 尖閣の映像流出容疑”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年12月22日). http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122201000561.html 2012年11月13日閲覧。 
  13. ^ “保安官、きっぱり「後悔せず」 書類送検にも淡々”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年12月22日). http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122201000976.html 2012年11月13日閲覧。 
  14. ^ “尖閣事件の元海上保安官起訴猶予 衝突の中国人船長も”. 共同通信社. 47NEWS. (2011年1月21日). http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012101000497.html 2012年11月13日閲覧。 
  15. ^ 起訴猶予が発表された後、一色正春が発表したコメント(2011年1月21日)「報道機関各位 今回の処分にあたり、ご迷惑をおかけした関係各位、国民の皆さんに深くお詫び申し上げます。何度もためらい、悩んだ末に、安定した職を捨てて、あのような形でビデオを公開したのは、事件の真相を知って頂き、尖閣諸島の問題、日本の領海を脅かす外国船の問題など、どうすべきか考えて欲しかったことが唯一の理由です。公開の方法が正しかったかどうかについては、自分自身今なお判断のつきかねるところですが、一方でそのまま黙っていたら後悔していたとも思っています。起訴猶予という処分については、寛大な処置とは思いますが、なぜ、あのビデオが国民に対し秘密とされ、公開が許されないのかが明らかにならないまま終わってしまうことを残念に思います。私自身の処分が終わることによって、本当に大事な問題が置き去りにならないことを心より願っております。以上」
  16. ^ “投稿者「sengoku38」の意図は?”. News i (TBSテレビ). (2010年11月5日). オリジナル2010年11月9日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101109211721/http://news.tbs.co.jp/20101105/newseye/tbs_newseye4569337.html 2010年11月6日閲覧。 
  17. ^ a b “ハンドルネーム「sengoku38」とは何者?”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年11月6日). オリジナル2010年11月10日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101110113404/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101106-OHT1T00028.htm 2010年11月6日閲覧。 
  18. ^ a b “ビデオ投稿者「sengoku38」の「38」って?”. 夕刊フジ (産経新聞社). (2010年11月5日). オリジナル2011年1月9日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110109160720/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101105/plt1011051618006-n1.htm 2010年11月6日閲覧。 
  19. ^ 阿比留瑠比 (2010年11月5日). “「ユーチューブ見ていない」仙谷官房長官が会見・全文[記者ブログ]”. 産経新聞. オリジナル2010年11月10日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101110081623/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/459693/ 2010年11月6日閲覧。 
  20. ^ “海上保安官、投稿名について「仙谷でもあるし、戦国・・・」”. 産経新聞. (2010年11月11日). オリジナル2010年11月20日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20101120232019/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/461838/ 2011年6月6日閲覧。 
  21. ^ 【元尖閣保安官 講演(5)】sengoku38の意味は…「一つぐらい秘密あった方が事件忘れられない」 産経新聞 2011年2月14日
  22. ^ 朝日新聞 2011年1月22日
  23. ^ 堀内彰宏 (2011年2月15日). “平成の二・二六事件!? sengoku38氏が語る「尖閣ビデオ」事件の真相”. Business Media 誠. ITmedia. pp. p. 3. 2011年2月15日閲覧。
  24. ^ “【Web】ネット流行語大賞2010決定 1位は「そんな装備で大丈夫か?」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2010年12月2日). オリジナル2011年1月26日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110126081856/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110109/its1101092226008-n1.htm 2013年2月13日閲覧。 
  25. ^ “紳助「あざとい金儲けが…」嫌いな男ナンバーワンは?”. 週刊SPA! (扶桑社). (2011年3月2日). オリジナル2011年3月14日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110314063927/http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110302-00000500-sspa-ent 2013年2月13日閲覧。 
  26. ^ “尖閣映像流出の元海保職員、超党派の勉強会に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年2月9日). オリジナル2011年4月15日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110415194112/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110209-OYT1T00866.htm 2013年2月13日閲覧。 
  27. ^ [1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]