一般消費者向け脳介電装置の競合商品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
装置 電極 周辺機器 SDK 発売 代価 製造 サイト
エモティフEPOC
 (Emotiv EPOC
14[1] あり あり[2] 2009年12月21日、6年前 299ドル エモティフ・システムズ
 (Emotiv Systems
www.emotiv.com
マインドボール
 (Mindball
1[3] なし - 2003年3月21日、13年前  ?ドル インタラクティブ・プロダクトライン
 (Interactive Productline
www.mindball.se
マインドフレックス
 (Mindflex
1 なし - 2009年12月21日、6年前 170ドル マテル[4]
 (Mattel
www.mindflexgames.com
マインドセット
 (MindSet
1[5] あり あり[6] 2007年3月、9年前 199ドル ニューロスカイ
 (NeuroSky
www.neurosky.com
ニューラル・インパルス・アクチュエーター
 (Neural Impulse Actuator
3[7] あり あり[8] 2008年5月、8年前 100ドル OCZテクノロジー
 (OCZ Technology
www.ocztechnology.com
フォーストレイナー
 (Star Wars Force Trainer
1 なし - 2009年6月21日、6年前 130ドル アンクル・ミルトン[9]
 (Uncle Milton
www.unclemilton.com

オープンソース事業[編集]

OpenEEG プロジェクトでは、ローコストな脳波測定デバイスとフリーソフトウェアの開発が行われている。

技術[編集]

これらの全ては、特記がない場合、脳波を使用する。

代価比較[編集]

典型的な医療用の脳波機器は50,000ドルから250,000ドル掛かる[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]