一田和樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(いちだ かずき、1978年11月6日)は、日本小説家推理作家東京都生まれ。カナダバンクーバー在住。

経歴・人物[編集]

コンサルタント会社社長、プロバイダ常務取締役などを歴任後、サイバーセキュリティ情報サービス事業を始める。2006年に退任後、札幌市に移住。2010年、『檻の中の少女』で第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。2011年、同作で作家デビュー。コンピュータセキュリティをテーマとしたミステリ小説を主に執筆する。

デビュー前の一年半におよぶ投稿時代に70以上の新人賞に応募した。文學界新人賞小松左京賞創元SF短編賞ダ・ヴィンチ文学賞ホワイトハート大賞星新一賞の最終候補に残ったことがある。また、第144回コバルト短編小説新人賞を受賞している(『Cobalt』2010年3月号(集英社)に受賞作が掲載)。

また、2千本を超えるツイッター小説の書き手でもある。

ショートショートも得意で、小説現代「ショートショートコンテスト」の常連掲載者だった。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

サイバーセキュリティコンサルタント君島悟シリーズ
  • 檻の中の少女(2011年4月 原書房
  • サイバーテロ 漂流少女(2012年2月 原書房)
  • サイバークライム 悪意のファネル(2013年2月 原書房)
  • 絶望トレジャー(2014年11月 原書房)
安部響子シリーズ
  • 天才ハッカー安部響子と五分間の相棒(2015年5月 集英社)
  • 女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険(2016年7月 集英社)
  • 天才ハッカー安部響子と2,048人の犯罪者(2019年1月 集英社)
式霊の杜シリーズ

(いちだ かづき 名義)

大正地獄浪漫シリーズ マンガ家江口夏実が装画を手がける
  • 大正地獄浪漫(2018年8月 星海社)
  • 大正地獄浪漫2(2018年12月 星海社)
  • 大正地獄浪漫3(2019年8月 星海社)
  • 大正地獄浪漫4(2020年3月 星海社)

その他シリーズ・単刊作品[編集]

  • キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム(2012年4月 講談社ノベルス
  • もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら(2013年10月 技術評論社)
  • ノモフォビア(2014年1月 キリック 電子書籍)
  • 『電網恢々疎にして漏らさず網界辞典』準備室!1(2014年2月 技術評論社 電子書籍)
  • 個人情報ロンダリングツール=パスワードリスト攻撃シミュレータの罠(2014年3月 技術評論社 電子書籍)
  • 原発サイバートラップ(2016年8月、原書房)(2018年8月、集英社文庫)
  • サイバー戦争の犬たち(2016年11月、祥伝社
  • 御社のデータが流出しています 吹鳴寺籐子のセキュリティチェック(2017年6月、早川書房
  • ウルトラハッピーディストピアジャパン 人工知能ハビタのやさしい侵略(2017年7月、星海社FICTIONS
  • 公開法廷 一億人の陪審員(2017年10月、原書房)
  • 内通と破滅と僕の恋人(2017年11月、集英社)
  • 義眼堂 あなたの世界の半分をいただきます(2020年2月21日、角川書店)

雑誌掲載短編[編集]

  • 預り地蔵(光文社『ジャーロ』2011年夏号)
  • サイバー空間はミステリを殺す(光文社『ジャーロ』54号(2015年6月)) - 『ベスト本格ミステリ2016』(講談社ノベルズ、2016年6月)に再録。

漫画原作[編集]

  • オーブンレンジは振り向かない(白夜書房ハッカージャパン』 2011年1月号 - 2013年1月号)
  • ネバーエンディング絶望ランドの夏!(白夜書房『ハッカージャパン』 2013年5月号 - 2013年11月号)

評論、解説書[編集]

  • サイバーセキュリティ読本(2013年7月原書房)
  • アンダーグラウンドセキュリティ 1(2014年3月 角川書店 電子書籍)
  • ネットの危険を正しく知るファミリー・セキュリティ読本(2015年3月、原書房)
  • 犯罪『事前』捜査 知られざる米国警察当局の技術(江添佳代子 共著、2017年8月、角川新書)
  • サイバーミステリ宣言!(2016年7月、KADOKAWA遊井かなめ七瀬晶藤田直哉千澤のり子共編
  • サイバーセキュリティ読本新書(2017年5月、星海社)
  • フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器(2018年11月、角川新書)
  • 新しい世界を生きるためのサイバー社会用語集(2020年3月11日、原書房)

その他[編集]

*ニューズウィーク日本版、ハーバービジネスオンライン、集英社文庫WEB、TOKIO CYBER PORTなどでコラムを連載。

*ネット上のブログ、投稿サイト、同人サイトなどに多数の小説を投稿している他、オンラインマガジンへの記事の寄稿も多数あり、全体の作品は把握不能。

外部リンク[編集]