一汁一菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一汁一菜の食膳。白飯(主食)、ジャガイモの味噌汁(汁)、焼鮭(菜)。基本的に、3つ器、茶碗、椀、皿が並び、そこにおさまる。

一汁一菜(いちじゅういっさい)とは、汁一品、菜(=惣菜)一品だけの食事のこと[1][2]

概説[編集]

一汁一菜とは、主食(白米玄米雑穀米)に、汁もの味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を添えた日本における献立の構成の一つであり、粗食を指す。「一汁一菜」と言っても、汁と菜にさらに「香の物」(=漬物類)を少量添えることはしばしばある[1]

「一汁一菜」はもともとは、おかずが一品のみしかない「質素な食事(粗食)」の意味で用いられた言葉であったが、食生活の欧米化や食べすぎ(栄養過多)、肥満傾向、生活習慣病、「飽食」が日本人の健康を害しているという事実が明らかになってきた近年は、むしろ良い意味の言葉とされ、(食べ過ぎを防ぎ)健康に良い食事・献立、として着目されるようになった。一汁一菜もちょっとした配慮・工夫で栄養バランスも良くなり、この一汁一菜で健康長寿になれるという。例えば、禅寺の食事が一汁一菜の食事を守っており、禅僧たちは一汁一菜の質素な食事でも、寺の仕事と修行をたっぷりこなし、さらに病気にかかりにくく長寿をまっとうするという[3]

一汁一菜を守っていれば、食べ過ぎになるということもなく、標準的な大きさの器に常識的な盛り方をすれば、特にややこしいカロリー計算などしなくても食べ過ぎを防止することができる。かつて一汁一菜を守っていた日本人には、肥満高脂血症などはほとんどなかった。医療費の増大に困っていたアメリカは、マクガバンレポートで、乳製品などの動物性食品を減らし、穀物野菜果物を多く摂るようにと勧告、日本の食習慣を見習うべきであるとし、玄米を主食にしていた元禄時代以前の日本の食事を理想的な食事としている[4]。しかし、日本でも食生活が欧米化するにしたがい生活習慣病が増加しはじめたため、農林水産省が一汁一菜を現代風にアレンジした一汁三菜の日本型食生活を提唱、「バランスの良い食事」として紹介している[5]

また、量の不足を脱した1970年昭和45年)頃の日本人の食事は、フランスの農学者、ジョセフ・クラッツマン(fr)をして理想的と言わしめたものであり、栄養学的見地からすれば理想的なものだった。だが、最近の日本人は次第に忙しくなって、食事の用意や器を洗うことも面倒だと感じる人が多くなり、「一汁三菜」だったものが菜の数が減って「一汁一菜」を通り越し、副食・主食・スープものがすべて合体化し、たったひとつの器に盛って出す「ワンディッシュ化」が起きていることが懸念される[6]

他に、「○汁○菜」という表現には、本膳料理懐石での「一汁三菜」という別概念がある。汁物1品とおかずを3品(主菜1品+副菜2品)にした構成である。客の身分・役職により菜の数が変化する本膳料理の中では、もっとも簡素な形式である。懐石では向付(刺身昆布締めなど)、煮物、焼物で三菜となる。かならずしも質素な食事とはいえないが、口腹を満足させることではなく、を愛で色彩を楽しむことが重んじられ、西洋料理ガストロノミーとは価値観が異なる。

歴史[編集]

元々は鎌倉時代禅寺で採られていた、質素倹約を重視した食事の形式を指す言葉であった。よっておかずも野菜を用いた極めて質素なものであった(ただし、特別な日や来客時には「一汁三菜」となった)。この食事形式が一般の人々にも広まり、やがて一汁一菜・一汁三菜が日本の伝統的な日常の食事形態として定着するに至った。ただし、鎌倉期以前の律令時代の下級官人と庶民の食事形態も実質的には一汁一菜である[7]

江戸長屋で暮らしている人々の場合、暮れ六つ日没=午後6時ごろ)に男性が帰って、湯屋に行って湯を浴び、それから食事となり、一汁一菜、ないしは一汁二菜と香の物程度を食べたといい、おかずとしては夕鯵(ゆうあじ)と言うように、夕方に魚河岸にならんだ新鮮なこはだが喜ばれたという[8][9]

ただし庶民にとっては一汁一菜も日常の食事としては贅沢なものであり、通常は「おかず無し」、つまり、ご飯・汁・漬け物のみというのが日常の食事スタイルであった人も多いともいう。玄米で食べれば完全食であり、味噌汁で大豆蛋白を補えば栄養学的にはそれで充分なのである。一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ…… ほめられもせず 苦にもされず そういうものに私はなりたい、と宮沢賢治も言っている。重労働をこなしていた時代には米を大量に食べてカロリー源とするのみならず、タンパク質も米から摂取していた。比率は多くはないものの人間にとっての必須アミノ酸がバランス良く含まれ、米はタンパク質の補給源としても秀れた食品であり、米のみで人体を維持するに十分なカロリーとタンパク質は得られるのである[10]

江戸時代には上杉鷹山池田光政が人々に倹約のために食事を一汁一菜にするよう命じたことが知られている。松代藩のように「おかず禁止令」を出して徹底した倹約を図った藩も存在する。二宮尊徳も奉公先の小田原藩家老服部家を立て直すにあたって、おかずを禁止している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 広辞苑
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ 藤本憲幸『できる人の活性脳の作り方』p.49
  4. ^ 栄養のバランスと健康 日本栄養士会
  5. ^ 「和食;日本人の伝統的な食文化」とは 農林水産省
  6. ^ 世界に認められた“和食” 見直される魅力 NHK おはよう日本
  7. ^ 『詳説 日本史図録』 山川出版社 第5版2011年(1版2008年) ISBN 978-4-634-02524-0 p.49.庶民の食事に至っては全部で407kcalとしている(1日2食としても814kcal)。
  8. ^ 平井聖『町屋と町人生活』学習研究社
  9. ^ 大石学『大江戸まるわかり事典』p.58
  10. ^ 石毛直道 『日本の食文化史』 岩波書店、2015年、ISBN 978-4-00-061088-9、20-21頁

関連項目[編集]

関連書[編集]

  • 中村成子、家森幸男『長寿の一汁一菜』日本放送出版協会、2000年
  • 久松育子『一汁一菜: 夫婦ふたりの健康ご飯』2000年
  • 小林ケンタロウ『元気な一汁一菜: あとは白いごはんがあればいい』2008年
  • 若杉友子『若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活』主婦と生活社、2013年

外部リンク[編集]