一楽亭栄水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一楽亭 栄水(いちらくてい えいすい、生没年不詳)は、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

鳥文斎栄之の門人。一楽斎とも号す。姓名不詳。寛政1789年-1801年)から享和1801年-1804年)期にかけて、50余点の錦絵作品を遺している。同門の鳥高斎栄昌と比べると栄水の方が活動期間が長い。そのほとんどは、おっとりとした表情が特徴の美人大首絵である。また、「美人五節句 扇屋内さかき わかは」に描かれている遊女滝川や、「松ばや内染之助」の顔を見ると、その太く黒々とした眉の描写がとても印象的である。画風は栄之風というよりも、晩年の歌麿風である。錦絵では揃物「美人五節句」、「美人合浄瑠璃鏡」シリーズなどが知られ、「兵庫や内 月岡」が重要美術品になっている。また享和元年刊行の洒落本『色講釈』一冊、同年刊行の洒落本『野良(やろう)の玉子』一冊、同年刊行の洒落本『恵比良之梅』(えびらのうめ)一冊、 享和3年(1803年)刊行の黄表紙『安倍川婦女復讐』(あべかわおんなのあだうち)二編5冊の他、狂歌本や若干の肉筆浮世絵美人画も知られる。以上にあげた洒落本、黄表紙の作者は総て十返舎一九であった。

作品[編集]

  • 美人五節句 扇屋内さかき わかは」 大判 錦絵 神奈川県立歴史博物館所蔵 
  • 「扇屋内瀧川」 大判 マスプロ美術館所蔵
  • 「松ばや内染之助」 大判 シカゴ美術館所蔵
  • 「丁子や内雛鶴(右向き)」 大判 シカゴ美術館所蔵
  • 「丁子や内ひな鶴(左向き)」 大判 シカゴ美術館所蔵
  • 「兵庫や内月岡」 大判 シカゴ美術館所蔵
  • 「松葉屋内よそおひ」 大判 ベルリン国立図書館所蔵
  • 「松ばや内代々春」 大判 
  • 「美人合浄瑠璃鏡 白井権八 小むらさき」 大判 シカゴ美術館所蔵
  • 「美人合浄瑠璃鏡 おこま 才三郎」 大判 ベルリン国立図書館所蔵
  • 「小紫白井権八」 柱絵 東京国立博物館所蔵
  • 「女万歳」 柱絵 
  • 「美人噛玉章図」 紙本着色(『浮世絵大成』第7巻収録)

参考文献[編集]

  • 吉田暎二編 『浮世絵大成』第7巻 東方書院、1931年 ※第601図
  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 171頁 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • 菊地貞夫 『浮世絵大系 第6巻 歌麿・栄之』 集英社、1975年
  • クラウス・J・ブラント 『HOSODA EISHI』 西ドイツ、1977年(ドイツ語)
  • 「細田派版画作品目録」 『浮世絵聚花 フォッグ美術館・ネルソン美術館』 小学館、1980年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』第2巻 大修館書店、1982年
  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年