一柳直頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一柳 直頼
時代 江戸時代前期
生誕 慶長7年7月23日1602年9月8日
死没 正保2年4月28日1645年5月23日
改名 鍋(幼名)[1]
別名 蔵人[1]
戒名 佛心寺殿機岳宗活大居士
墓所 愛媛県西条市の遠見山[2]
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
伊予小松藩
氏族 一柳氏
父母 父:一柳直盛 母:常法院
兄弟 直重直家直頼
正室高橋元種の娘
継室小出吉親の娘・青龍院
直治(長男)、小出吉直(次男)
テンプレートを表示

一柳 直頼(ひとつやなぎ なおより)は、江戸時代前期の大名。伊予小松藩の初代藩主。

生涯[編集]

慶長7年(1602年)7月23日、伊勢神戸藩主(のち伊予西条藩主)一柳直盛の三男として、伊勢神戸に生まれる[1]

大坂の陣では人質として江戸に留められた[1]元和4年(1618年)、徳川秀忠に初謁[1]徳川家光の上洛のたびごとに、父とともに随行している[1]。寛永10年(1633年)には父や兄とともに、九鬼久隆転封後の鳥羽城守衛を命じられている[1]

寛永13年(1636年)、西条に入封する途次に父が没し、遺領6万8600石が3人の子で分割された際に、直頼は1万石を相続[1]周布郡新屋敷村に陣屋小松陣屋)を構え、小松藩を立藩した。小松の地名は、陣屋付近に背の低い松が群生していたことに由来するという[3]

その後の藩政においては、小松陣屋町の構築や家臣団の編成、三嶋神社仏心寺建立などを積極的に行なうなどして藩政の確立を目指した。

正保2年(1645年)4月28日、江戸で死去。享年44。佛心寺に葬られた[1]。跡を長男・直治が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『寛政重修諸家譜』巻第六百四
  2. ^ 仏心寺”. 西条市観光協会. 2014年4月12日閲覧。
  3. ^ 増川・北村(2001年)、p.16

参考文献[編集]

外部リンク[編集]