一条さゆり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いちじょう さゆり
一条 さゆり
プロフィール
生年月日 1929年6月10日
没年月日 1997年8月3日
没年齢 68 歳(数え69)
出身地 日本の旗 日本新潟県柏崎市
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
活動
ジャンル ストリップ
モデル: テンプレート - カテゴリ

一条 さゆり(初代)(いちじょう さゆり、1929年6月10日[1] - 1997年8月3日)は日本ストリッパーポルノ女優。本名、池田和子

新潟県柏崎市出身[2]

1960 - 70年代にかけて一世を風靡した。

経歴[編集]

6歳で両親に死別、五反田の施設で育った、とされる。実際には、金物職人の父親とその妻との間の7番目の次女として生まれ、7歳で実母と死別、年の離れた姉と離別後、父親が再婚したものの、継母からの冷たい仕打ち、異母弟の死などにより15歳(1942年頃)に家出した(加藤 2001)。

満18歳の時に、東京都多摩郡で終戦を迎え、最初はパンパンをし、21歳の時にホステスとなり、最初の結婚をする。後に夫とは死別、息子は生後半年で施設に預けられ、後に親族養子に引き取られた。

国際劇場横浜市)でストリップにデビュー。東京名古屋大阪などで活動。芸名は赤羽マリリオ椿から、1966年に一条さゆりに改名[3]。その半生をつづった駒田信二の実録小説『一条さゆりの性』で人気に火がつき、多くの”さゆりスト”を生んだ。1967年 - 1973年(引退翌年)まで11PMよみうりテレビ制作・通称大阪イレブン)のレギュラーを務めたことにより人気が加速する。 また、新左翼ウーマンリブなどの活動家から”反権力の象徴”と祭り上げられ、1973年には本人出演で、その半生を描いた映画『一条さゆり 濡れた欲情』も作られた。

SM的な演出と「特出し」などの観客を喜ばせることに徹した芸により、1972年に引退するまで公然猥褻罪で9回検挙されている。また、引退興行にて大阪府警猥褻物陳列罪で逮捕され、「ストリップは大衆娯楽、猥褻にはあたらない」として最高裁まで争うも懲役1カ月が確定、和歌山刑務所へ収監された。

出所後はスナックを経営していたが、交通事故に遭って倒産。1988年(昭和63年)7月には、勤めていた居酒屋の放火事件により全身やけどを負った。

晩年は労働者の街、大阪西成釜ヶ崎あいりん地区)で暮らした。その生活ぶりは近所の飲食店での数時間の労働で僅かな日銭で生計をたて、釜ヶ崎解放会館の三畳間で寝泊まりをするという非常に寂しいものだったという。

1997年8月3日、肝硬変の悪化で死去、68歳没。

一条と数年交際し、その最期をみとったルポライター加藤詩子の著書「一条さゆりの真実-虚実のはざまを生きた女」に、公にされている経歴や伝説的なイメージに誤りが数多くあることが、綿密な関係者取材を重ねた上で、述べられている。

出演映画[編集]

書籍[編集]

論文[編集]

関連書籍[編集]

  • つげ義春コレクション 近所の景色/無能の人(つげ義春筑摩書房ISBN 978-4480425447 ※本人が解説を寄せている。
  • ドキュメントまいど・・・「日本の放浪芸」 一条さゆり・桐かおるの世界 〜小沢昭一が訪ねたオールA級特出特別大興行〜 (監修・小沢昭一)P470~472 - 本人のステージの模様が記載されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 生前、1937年1月29日生まれと称していた。
  2. ^ 自称であり、埼玉県川口市出身説が有力である(加藤 2001)。
  3. ^ 一条は京都の地名、さゆりは吉永小百合にちなむ(加藤 2001)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]