一条ぎょく子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「一條頊子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
一条 頊子
続柄 後二条天皇後宮
称号 万秋門院
身位 従三位尚侍准三宮女院
出生 文永5年(1268年
死去 建武5年/延元3年3月26日1338年4月16日)(享年71)
父親 一条実経
母親 平成俊
テンプレートを表示

一条 頊子(いちじょう ぎょくし/たまこ、文永5年(1268年) - 建武5年/延元3年3月26日1338年4月16日))は、鎌倉時代後期の女官歌人摂政関白一条実経の娘で、母は平成俊の娘。院号万秋門院

生涯[編集]

17歳年下の後二条天皇後宮に入り、乾元2年(1303年)3月5日、従三位尚侍となる。子女はなかった。天皇の崩御により徳治3年(1308年)閏8月に落飾。元応2年(1320年准三宮となり、万秋門院の院号が与えられた。建武5年/延元3年(1338年)3月26日、71歳で死去。『新後撰和歌集』以下の勅撰和歌集には31首が入集しており、歌人としての活動も見られる。

『増鏡』では、後二条天皇がまだ幼少だった頃より上臈局として仕え、堀川基俊(後二条天皇の叔父)と深い仲だったが、基俊が関東に下った後に、後宇多上皇(後二条天皇の父)の寵愛を受けたとある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「一条の摂政殿の姫君も、当代(後二条天皇)堀川の大臣の家に渡らせ給ひし頃、上臈に十六にて参り給ひて、はじめつ方は、基俊の大納言、疎からぬ御仲にておはせしかど、かの大納言の東下の後、院に参り給ひしほどに、事の外にめでたくて、内侍のかみになり給へる、昔思えて面白し」『増鏡』巻十二 浦千鳥

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年
  • 「万秋門院」『女院次第(女院小伝)』(群書類従)