一明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一明(いちめい、生没年不詳)とは江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

一明、昇山と号して幕末明治期に3代目堤等琳風の錦絵を描いている。短冊判の錦絵「金魚の図」1点が知られる。『浮世絵事典』によると昇山と号した絵師には2代目葛飾戴斗がいるが、同一人物かは未詳である。

参考文献[編集]