一日市の盆踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一日市盆踊りの様子(2017年)

一日市の盆踊(ひといちのぼんおどり)は、秋田県南秋田郡八郎潟町一日市で行われる盆踊り。毎年8月18日から20日に行われる。秋田県の無形民俗文化財に指定されている[1]

毛馬内の盆踊西馬音内の盆踊と合わせて、同県内での三大盆踊りと称される。

起源については明らかではないが、永享年間から永禄年間(1429年 - 1570年の間)には踊られていたようで、当地に羽州街道宿場津軽藩本陣が設置され栄えた寛文2年(1662年)の頃には現在の形になったと伝えられる[1]

死者を弔うために死者の姿に仮装して踊られていたが、時が経つにつれ「仮装」がクローズアップされるようになった。現在では浴衣姿のほか、僧侶や力士、花魁、洋装など、さまざまな姿に仮装した踊り手が通りにあふれる。

開催場所[編集]

アクセス[編集]

鉄道
JR東日本 奥羽本線 八郎潟駅前、徒歩数分

脚注[編集]

  1. ^ a b 八郎潟町 一日市盆踊り”. 八郎潟町. 2015年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度56分32.2秒 東経140度4分33.5秒