一志茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一志 茂樹(いっし しげき、 1893年11月12日 - 1985年2月27日)は日本の郷土史家、教育者。

経歴[編集]

長野県北安曇郡社村(現大町市)生まれ。旧制大町中学(長野県大町高等学校)を経て1914年長野師範学校卒業。長野県下の小学校に33年間在職した。

1927年北安曇郡教育会郷土調査主任となり「北安曇郡郷土誌稿」の編纂に従事し、信濃教育会幹事、「長野県史」編纂会委員などを歴任。1942年信濃史学会を再興し主幹を務め、機関誌「信濃」を編集発行し、「信濃史料」全30巻や「新編信濃史叢書」全19巻を編纂して完成させるなど、長野県の郷土史研究に多大な貢献を果たした。1961年に「古代東山道の研究」により、國學院大學から文学博士学位を授与される[1]。1966年紫綬褒章受章。1976年長野県文化財保護審議会長を務め、平出遺跡の発掘にあたった。

著書[編集]

  • 「美術史上より見たる仁科氏の研究」
  • 「信濃国御厨史料とその考察」
  • 「歴史のこころ」
  • 「古代東山道の研究」
  • 「地方史に生きる」

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年
  • 古川貞雄 「一志茂樹」『20世紀の歴史家たち(5)日本編 続』 今谷明ほか編、刀水書房〈刀水歴史全書45〉、2006年、105-119頁。ISBN 4887082320

脚注[編集]

  1. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年6月11日閲覧。