一広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一広 株式会社
ICHIHIRO CO., LTD.
ICHIHIRO Distribution Center.JPG
流通センター(管理本部)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
愛媛県今治市八町西4-1-6
設立 1974年
業種 繊維
法人番号 1500001011127
事業内容 タオル製品・タオル加工品の製造・販売など
代表者 代表取締役会長 越智逸宏
代表取締役社長 越智康行
資本金 8,000万円
売上高 100億円
従業員数 200名
主要子会社 タオル美術館
外部リンク http://www.towel-museum.com/company/ichihiro.php
テンプレートを表示

一広株式会社(いちひろ)は、愛媛県今治市に本社を置くタオルメーカー。

概要[編集]

1974年に創業。愛媛県今治市朝倉村に朝倉工場を持つ他、中華人民共和国ベトナムにも製造拠点を持つ。2000年にはタオルをテーマとしたタオル美術館ASAKURA(後にタオル美術館ICHIHIROに改称)を開館した。

グループ会社で「タオル美術館グループ」を形成しており、グループの中核企業である。タオル美術館グループで製造・卸売・小売を手がけておりSPA体制(製造小売業)を標榜している。グループ会社のタオル美術館ではタオル専門店「タオル美術館」を全国に展開している。

沿革[編集]

  • 1971年8月 - 越智逸宏、織機6台より操業開始[1]
  • 1974年1月 - 「一広タオル工業株式会社」設立。
  • 1979年 - 東村工場を新設。
  • 1981年 - 本社事務所・流通センター完成。
  • 1983年
    • 1月 - 株式会社ヤスノリ(現:株式会社TTL)を設立。
    • 8月 - 朝倉工場を新設。
  • 1984年10月 - 朝倉工場を増設。
  • 1985年8月 - 本社・検品場完成。
  • 1990年
    • 5月 - 新流通センター完成。
    • 9月 - 協同組合イチヒロを設立。
  • 1992年
    • 7月 - 東京営業所を開設
    • 8月 - 大連一広毛巾有限公司を設立。
  • 1994年7月 - 東予流通センター新設。
  • 1997年
    • 4月 - 大阪営業所を開設。
    • 12月 - 「一広株式会社」に社名を変更。
  • 2000年4月 - タオル美術館ASAKURAがオープン
  • 2005年9月 - 一広ベトナムを設立。
  • 2007年2月 - 国安センター設立。
  • 2008年10月 - タオル美術館ASAKURAをタオル美術館ICHIHIROに名称変更。
  • 2011年 - 韓国のタオルメーカー松月と業務提携[2]
  • 2013年 - 織機12台を導入、生産能力を3割増強[3][4]

不祥事[編集]

  • 2015年 - 品質基準値を満たしておらず「今治タオル」の認証を受けることができない20種類の商品に別の商品用として得た同ブランドのロゴを付けたタオルを出荷していたことが判明し、該当商品を回収。会社側は担当者が多忙を理由に検査に出していなかったと釈明している。

同社はベトナム、中国に工場(子会社)を持ち、国内(今治)にあった織機をほとんど海外に移転してしまっている。そのため、今治での生産能力以上の「今治タオル」を出荷しているのではないかと、かねてより疑問の声があった。 [5]

事業所[編集]

  • 本社 - 愛媛県今治市八町西4-1-6
  • 東京営業所(営業本部) - 東京都港区白金台3丁目19番1号 第31興和ビル8階
  • パリ支店(海外営業本部) - フランスパリ市
  • 流通センター(管理本部) - 愛媛県今治市郷新屋敷町4-1-45
  • 国安センター - 愛媛県西条市国安1273-8
  • 東村倉庫 - 愛媛県今治市東村南1丁目10-33
  • タオル美術館ICHIHIRO(美術館本部) - 愛媛県今治市朝倉上甲2930

製造拠点[編集]

  • TTL
    • 朝倉工場 - 愛媛県今治市朝倉上乙1104
    • 東予工場 - 愛媛県西条市国安1273-8
  • 一広ベトナム(ベトナム工場)
  • 大連一広毛巾有限公司(大連工場)

グループ会社[編集]

  • 協同組合イチヒロ(実習生受入)
  • 小原株式会社(タオル製造卸)
  • 株式会社タオル美術館(タオル販売)
  • 株式会社TTL(タオル製造)
  • 株式会社ミツクラ(不動産管理)
  • 大連一広毛巾有限公司(タオル製造販売)
  • 一広ベトナム(タオル製造)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タオルで生活文化向上  一広 越智逸宏社長<上>”. 会社―東西南北. 読売新聞社 (2009年6月16日). 2013年11月18日閲覧。 - インタビュー記事
  2. ^ 『繊研新聞』2011年10月19日「タオル製造販売の一広 韓国タオルメーカーと提携 日韓で拡販目指す」
  3. ^ 今治・タオル美術館に新工場 国内需要増に対応”. 愛媛のニュース. 愛媛新聞社 (2013年7月12日). 2013年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月18日閲覧。
  4. ^ 愛媛の一広、タオルの生産能力3割増 今治とベトナムで”. 日本経済新聞社 (2013年8月10日). 2013年11月18日閲覧。
  5. ^ “「今治タオル」認定受けず35万枚出荷 吸水性満たさず”. 朝日新聞. (2015年12月22日). http://www.asahi.com/articles/ASHDQ3H25HDQPFIB006.html 2015年12月22日閲覧。 
  6. ^ 川辺株式会社(2014年)『有価証券報告書(第69期)』14頁。

外部リンク[編集]