一宮宗是

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一宮 宗是(いちのみや むねこれ、生年不明 - 永禄3年5月19日1560年6月12日))は、戦国時代武将今川氏の家臣。子に一宮元実持舟城主)。

天文23年(1554年)、甲相駿三国同盟により甲斐国武田氏と同盟を結んでいた今川氏は武田信玄信濃国に侵攻した際に、宗是を援軍として信濃に派遣したとされている。

永禄3年(1560年)5月19日、桶狭間の戦いで討死した。