一力雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一力 雅彦(いちりき まさひこ、1960年5月14日 - )は、日本の実業家河北新報社代表取締役社長。東北放送社外取締役。仙台経済同友会代表幹事。公益社団法人ACジャパン副理事長。宮城県仙台市出身。

人物[編集]

河北新報社、東北放送の社主でもあった一力一夫の長男[1]

1986年に河北新報社に入社[1]共同通信への出向を経て、1995年に河北新報社に復帰。復帰後、創業百年記念事業の一環として、世界24か国のコメと人間の関係をあつかう138回に及んだ連載企画「オリザの環」の検討を始め[2]、「オリザの環」は1997年度の日本新聞協会賞を受賞した[3]

2007年に代表取締役社長に就任[4]。ドラマ「河北新報のいちばん長い日」にも登場する。

息子は囲碁棋士の一力遼。弟は東北放送代表取締役社長の一力敦彦

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『豪閥 地方豪族のネットワーク』
  2. ^ 『地方紙の研究』p.13 - 15
  3. ^ 『地方紙の研究』p.13
  4. ^ 日本新聞協会編『日本新聞年鑑〈2012〉』日本新聞協会 2011年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]