一力健治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一力 健治郎(いちりき けんじろう、文久3年9月25日1863年11月6日) - 昭和4年(1929年11月5日)は、日本の実業家河北新報社創業者(社主)。旧姓鈴木。宮城県平民[1]

河北新報元社長一力次郎の父。元河北新報社社主の一力一夫の祖父。河北新報社社長の一力雅彦の曾祖父。囲碁棋士一力遼の高祖父。

経歴[編集]

鈴木作兵衛の四男として生まれた[1]。後に先代の松治郎の養子となる[1] 東華学校第二高等中学校を卒業後、上京。国民英学会にて学ぶ。また、第二高等中学在学中には、くまじ夫人との間にすでに、一男一女をもうけていた[2]。 

仙台での書店経営で実業界入りし、植林会社(宮城植林株式会社)を興し創業。宮城電燈会社重役等を歴任する。その後政界に進出し、明治27年(1894年)には、宮城県会議員を、翌28年には、仙台市会議員にも選出された[2]

明治30年(1897年1月17日改進党所属の宮城県会議長である藤沢幾之輔の勧めにより、進歩党機関紙「東北日報」を基礎に「河北新報」を創刊しその後、新聞経営に専念した[2]

人物像[編集]

気迫の人、先見性あるユニークな着想、加えて温情の人として、多くの人に慕われた[2]

昭和30年(1955年)日本の新聞人顕彰が企画され健治郎は、福沢諭吉陸羯南らと共に、第一回の20人の内の1人に選出され、東京の千鳥ヶ淵に建つ記念碑「自由の群像」に名前が刻まれた[2]

家族・親族[編集]

一力家[編集]

宮城県仙台東一番町[1]
  • 父・松治郎[1]
  • 妻・くまち(宮城、・鈴木春山長女[1]。妹のはるは佐藤紅緑の妻)
明治元年(1868年)7月生[1] - 没
  • 男・太郎[1]
明治20年(1887年)1月生[1] -
  • 女・なを(宮城県士族・佐藤惟馨養子彦輔に嫁す[1]
明治22年(1889年)4月生[1] -
明治24年(1891年)7月生[1] -
明治26年(1893年)8月生[1] - 昭和45年(1970年)7月没
明治35年(1902年)5月生[1] -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録. 5版』(大正7年)い八〇
  2. ^ a b c d e 創刊百周年記念事業委員会編『河北新報の百年』河北新報社 1997年

外部リンク[編集]